本・書籍
料理
2018/10/8 6:00

もう食材を腐らせない! 美味しくないとも言わせない! 作りおきバンザイ!――『kotoさんのかしこい作りおき』

最近、保育園から帰ってきた娘たちからの「お腹空いた!」コールが止まらない。

 

夕食の準備はこれから。どんなに早く見積もっても30分、いや45分はほしい。どうにもお腹が持たないと懇願され、仕方なくおやつを少々渡すのだが、子どもの食欲は「少々」では収まらず、お腹が満たされるまで食べようとする。結果、せっかく作ったご飯があまり食べられないという悪循環に陥る日も少なくない。(もれなく「おやつ食べたからだよ! せっかく急いでご飯作ったのに!」と母キレる)

 

家庭円満のためにも、帰宅して10分で食事にするためには、あらかじめおかずを作りおきしておく必要が出てきた。

 

だが、作りおきに関しては個人的に苦い思い出があるため、今ひとつ踏み出せないのだ。

 

 

食材は永遠に腐らないと思っていた

私は大学を卒業するまで実家住まいだったのだが、料理というものをほとんどしてこなかった。そして、いざ就職して東京での初の一人暮らし。当然外食ばかりともいかず、小さな小さな備えつけのキッチンで慣れない料理に四苦八苦していた。

 

といっても、食材を炒める、煮るくらいの簡単料理。たとえば、ナスと豚肉を炒めて、東海人御用達の味噌ダレで和えるだけ。ご飯のお供にしたり、パスタを茹でてソースにしたり、何かと使い勝手が良い。

 

だが、ある日異変に気づいた。定番のナスと豚肉の味噌炒めが、なんだかおかしい。やたらと糸を引く。例えるならば、納豆のような。食べてみると、味はさして変ではない。気のせいだろうか。いや、こんな粘り気があるのは、やはりおかしい。

 

ここまできて初めて「もしかして、腐ってる?」と気づいた。

 

実は、フライパンで作った料理をそのまま放置し、食事毎にお皿にうつして数日間食べ続けていたのだ。季節は春の終わり頃。気密性の高いマンション内で、日中の部屋が何度になっているのか想像もできなければ、冷蔵庫で保存するという発想もなかった。ああ、若かった。お腹を壊さずに毎日元気に過ごしていたのは、奇跡かもしれない。

 

そして数年後。さすがに「冷蔵庫で保存をする」ことを覚えた私だったが、どのくらい持つのかが皆目見当もつかない。冷蔵庫に入れておいたサンドイッチが、ある日見た目にもおかしいと気づく状態に。作ってから何日経っていたか不明だが、明らかに腐敗しかけていた。

 

さらに数年後、「冷凍保存」という賢者の知恵を知った私は、大量に購入した揚げが食べきれず、刻んで冷凍保存しておいたのだが、後日その揚げを使って作った料理を食べたら、頑固な私のお腹が壊れた。

 

そんなわけで食材の保存に自信がなく、「作りおき=いつまで食べられるか不安」という図式が勝手に出来上がってしまった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON