本・書籍
2019/3/7 21:15

キン肉マンの超人を「学研の図鑑」が大真面目に解説したら…単なるコラボレベルじゃない図鑑が出来上がりそう

来年創刊50周年を迎える「学研の図鑑」と今年40周年を迎えた『キン肉マン』の究極タッグがお届けする『学研の図鑑 キン肉マン「超人」』。予約開始すぐにAmazonランキング1位を獲得するなど話題沸騰中です!

 

「5月23日まで待てない!」というあなたのために、「キン肉マン愛」にあふれた編集部のコメントとともに、『学研の図鑑 キン肉マン「超人」』の内容を紹介していきます!

 

↑通常版のケースは「超人博士」ロビンマスク!

 

 

『キン肉マン』に登場する超人・約700体をフルカラーで収録!

本書は『キン肉マン』に登場する超人が「私たちの暮らす現実世界に実在したとしたら?」というコンセプトのもとにつくられた図鑑。正義・悪魔・完璧などの属性ではなく、「魚類のなかま」「哺乳類のなかま」「道具のなかま」「乗り物のなかま」といった具合に分類し、なかまごとに掲載しているのが特長です。その数、約700体! 原作にたった1コマしか登場しないような超人もすべてフルカラーで彩色し、1体1体に解説をつけて図示しています。

 

 

↑各扉には原作の名シーンをカラー化して掲載。「魚類のなかま」の扉は、上野・不忍池でのロビンマスク対アトランティス戦が!

 

図鑑らしく、超人の形状や大きさの標本を網羅することに特化し、変身する者やオーバーボディーを着用する者は可能な限り、そのバリエーションも掲載しています。また、それぞれの標本の大きさを比べられるよう、同じ見開き内の超人は同じ比率で掲載し、ページ下段にはキン肉マンとの比較図をもうけています。

 

↑変身をする超人は変身体まで掲載。キン肉マンとの比較図でサンシャインのデカさはっきりわかる!

 

さらに、超人のトリビアを扱った「肉ちしき」や超人の体の部位を実物大で掲載した「本当の大きさ」ページ、超人の生態や社会についてのコラムなど、初出し情報がてんこ盛りで、往年のファンにはたまらない作りとなっています!

 

↑実物大のロングホーンだと……!

 

かつて、図鑑と『キン肉マン』で育った少年少女も、いまや平日はキン肉マン酒場でストレスを解消し、休日はキン肉マン・スタンプラリーでお子さんといっしょにJRの駅を回った働き盛り世代となっていることでしょう。

 

本書はそんな人たちが、ひとときでも童心に帰り、あのころのワクワク感を感じてほしいと願ってつくられた遊び心満載の一冊です。ぜひ自分へのご褒美としてどうぞ!

 

 

編集部からのコメントも熱い!

本の編集をしていて、これほどスタッフ一人一人が熱く、楽しみながら、モチベーション高く制作にあたってくれた作品は初めてかもしれません。それは、制作者たちもファンと同じく『キン肉マン』愛でつながっていたからです。「キン肉マン!?」「しかも公式!?」「絶対やる!!」そんな風にして、お仕事を引き受けてくださったクリエイターのみなさんは、過酷で長期の作業に身を投じ、火事場のクソ力でやりぬきました。正にゆでたまご先生の言う「友情パワー」の為せる技です! その結晶がこの『学研の図鑑 キン肉マン「超人」』なのです。

 

 

『学研の図鑑 キン肉マン「超人」』は5月23日(木)より全国の書店にて新発売!(初回版はゆでたまご先生描き下しケース!)

学研の図鑑 キン肉マン「超人」

定価:本体3300円+税
発売日:2019年5月23日(木)予定
判型:B5判/276ページ

学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/

【Amazon販売ページ】
初回限定ケース版 https://www.amazon.co.jp/dp/4054067131/
通常版 https://www.amazon.co.jp/dp/4054066062/

 

 

TAG
SHARE ON