本・書籍
ビジネス
2020/4/8 21:45

自分を安く売るな! 最高値で売ってから本当の人生が始まるのだ!——『自分を最高値で売る方法』

2019年12月、KISSが日本最終公演を行った。ベーシストのジーン・シモンズは70歳になっても総重量20キロのコスチュームを着て2時間以上ステージを駆け回り、武道館初公演の時と同じく、口から勢いよく火を噴いて見せた。

 

 

ロック・アーティストと保険会社の社長

そして、ジーン・シモンズは、単なる“世界で最もホットなバンド”のパフォーマーではない。KISSのグッズやバンドの権利関連業務を一手に担い、それとは別に自分で立ち上げた保険会社の社長も務めている。ロック史上に名を残すアーティストと保険会社の社長。接点があるとはとても思えないふたつの顔の間で絶妙なバランスを取りながら、どちらにおいても大成功を収めた。その背景にあったのは、常に最高の状態の自分を見せようとする姿勢ではなかったか。

 

言い方を変えよう。ジーン・シモンズは、最高の状態にある自分こそが最高の形で受け入れられることを知っていて、それを実践し続けたにちがいない。どうやったらそういう感覚を知ることができるのか。筆者が感じた漠然としたものに具体的なヒントをもたらしてくれそうな本を見つけた。

 

自分を安く売っていませんか?

自分を最高値で売る方法』(小林正弥・著/クロスメディア・パブリッシング・刊)は、“最高値”をキーワードに自分を最高の状態に保つ方法を提案してくれる本だ。まず示されるのは、自分を最安値で売ることと決別する気持ちを固めた人たちに向けた強めな響きの言葉だ。

 

バカな上司に使われ、先行き不透明な会社に毎日朝から晩まで出社し、金曜の夜に同僚や後輩と飲み屋で愚痴を言い合うしかない。副業解禁なんて他人事だ。そうではなく、自分の人生は、自分でつくる。そう思い定めた人にとって、本書は最高の戦略書になる。自立している人、自立したい人向けに向けて本音で書いている。

『自分を最高値で売る方法』より引用

 

やるべきことをやらないで、できることなら見たくない自分の姿から目を背けながら適当に働いていくのか。小林さんは言う。この本は「自分を最高値で売る」という働き方改革である、と。

 

 

自分を最高値で売ることはスタートでしかない

とはいえ、ひたすら稼ぐという姿勢をリスペクトすべきであると主張する本ではない。次の文章を読んでいただきたい。

 

僕は、お金と時間の自由は引退後のゴールではなく、自分らしい人生のスタートだと考えている。自分を最高値で売る働き方を実践し、お金と時間の自由を手に入れて、そのお金と時間を使って、もっともっとあなたの人生を楽しく、躍動感のあるものにすることができる。

『自分を最高値で売る方法』より引用

 

自分を高値で売る意識を持ち、それを実践して自由になることが、楽しく生きていくべき自分らしい人生のスタートとなる。自分を最高値で売ることはゴールではなく、あくまでスタートなのだ。

 

 

掛け算が生み出すパワー

具体的な部分にも触れておこう。小林さんは、自分を高額商品にしていくコツが「教育化」にあると語る。

 

まず本業で結果を出し、そこで培った職業的な知恵を体系化し、他の顧客に教えることで第二の収益とするのだ。

『自分を最高値で売る方法』より引用

 

教育化いうメソッドで実際に収益化を支援したジャンルも紹介されている。少し長くなるが、ここですべて挙げておきたい。

 

英語、速読、起業、マーケティング、スピリチュアル・心理学、写真、メイクアップ、ネイルアート、パーソナルカラー、恋愛、出版、コンサルティング、WEB集客、店舗集客、営業、経営、事業継承、コミュニケーション、英国刺繍、コーチング、カウンセリング、お金の教育、不動産投資、ダイエット、筋トレ、ボイトレ、自己啓発、目標達成、研修講師、組織開発、学習塾、家庭教師、社会保険労務士、行政書士、ネットショップ、婚活、介護福祉、貿易仲介、卸業、セキュリティ、YouTuber、占い。

 

掛け算のパワーを感じる。たとえば、英語×コーチングという組み合わせのビジネスモデルはすでに認知されているし、メイクアップやネイルアートとYouTuberの相性は抜群だ。家にいる時間が長くなっている今、YouTuberはダイエットや筋トレ、それに学習塾を相手に掛け算してもかなりのパワーが生まれるにちがいない。話を冒頭に戻すなら、ジーン・シモンズもロックスター×保険会社の社長という掛け算を体現して成功している。

 

 

もやもやしてる人におすすめの一冊

精神論で終わる本ではない。自分を最高値で売ることに成功した9人のケーススタディーも記されている。副業OKの企業も多くなり、働き方改革で時間の使い方にも自分なりの工夫を利かせることができる時代になった。もしも今、ぬぐい切れないもやもやしたものを感じているなら、ぜひ手に取っていただきたい。

 

【書籍紹介】

 

自分を最高値で売る方法

著者:小林正弥
発行:クロスメディア・パブリッシング

本業で結果を出して稼ぎ、結果の出し方を人に教えて稼ぐダブルインカムの手法。

楽天ブkoboで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
Amazonで詳しく見る

 

TAG
SHARE ON