本・書籍
ビジネス
2020/5/28 17:00

ホリエモンがいまの若者をうらやましく思う理由とは?

「もう、パソコンはいらない。スマホがあればどこにいても働けるし稼げる」

 

堀江貴文さんは新著『スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル』のなかでこう書いています。堀江さんはもうほとんどパソコンを使いません。ビジネスもプライベートも連絡はLINEなどのスマホアプリが中心で、メルマガの原稿もフリック入力を駆使してスマホで書いているといいます。

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止策としてテレワークが推奨されているいま、会社に出社してパソコンにしがみついて仕事をしている人は、時代の変化に取り残され、職を失うかもしれません。

 

しかし、スマホを本来の使い方で使えば、時代に取り残されることなく生き残ることができます。スマホで人生を切り開く――その秘訣を新著から一部を抜粋して紹介します。

 

 

僕たちの世代の起業家は、インターネットを〝概論″から学んでいたお陰でIT革命の真の醍醐味を味わうことができた。時代の流れと獲得した知識が合致して、その先端を走り続けられたという意味では、幸運な世代と言えるだろう。

 

だがその一方で、黎明期のインターネット環境は現在のように進化していなかったから、時間をショートカットできなかったことの不運も感じている。

 

もっと若いうちに、僕はスマホを手に入れていたかった。

できることなら中学生でも起業できるこの時代に生まれたかった。

 

福岡県八女市での少年時代から、東大に入り起業するまでに、10年以上もかけなくてはいけなかった。現在のインターネット環境なら、僕がたどってきたプロセスは数分の1ほどに時間を圧縮できるだろう。

 

若いうちからスマホを手にできるあなたたちは、本当に運がいい。

 

僕らが何年もかけた概論の学習の時間を、テクノロジーの技術で、あっと驚くほど短縮できる。それも、はるかに高い密度と精度で身につけられるのだ。テレビがなぜメディアとしての影響力を低下させていったのか、GAFAがいかにして世界経済の中心となりえたのか……。

 

現代社会の本質を理解することも、スマホの情報検索でほとんどが足りる。少し前までは、何年も専門家の指導のもとで学ばないと理解できなかったような話でさえも、手に入れることができるのだ。

“コスパ感覚”で時間の密度を上げていく

本を書くとき、僕はいつも膨大な情報から漉し取った物事の核心の部分を、かみ砕いた言葉でみんなに伝えている。

 

ビジネス書の著者として大切にしていることは、「最先端の事実は何か」という、学びの定義づけだ。

 

従来の学校教育とはまったく違うものだけれど、学んだことの速効性は従来の学校教育の比ではない。薄っぺらい授業を何時間も聞いているより、僕の本を1ページ読んだほうが、はるかに役に立つものと自負している。

 

誤解しないでほしいが、学校教育を受けている人を否定しているわけではない。学校で教えてもらうか、自分で学ぶかは、あくまで個人の気質の話だ。

 

単に知識を得るためだけなら、必ずしも高校や大学へ行く必要などはない。

 

いまは学び方にもさまざまな方法が用意されているし、僕の本を読んだほうが断然、コスパはいいはずだ。その事実だけは、強く述べておきたい。

 

あなたが何か行動を起こすとき、コスパを考えることはとても大切だ。時間は最大の資源であり、命そのものだと、先にも触れた。どのような時間の使い方をしようと、あなたの時間は刻一刻と、「死」という終わりに近づいているのだ。

 

富める者も貧しい者も、すべての人間が決して逃れられない、厳然とした宿命だ。僕自身は「人間は死なない」という未来を実現しようとしているのだが、それはまた別の話なのでここでは触れない。

 

いまこの時間、過ぎ去った1秒は、もう永遠に取り戻せない。

 

しかし自分の意志と行動と努力で、その密度をパンパンに、もうこれ以上無理! という限界まで上げていけば、無駄な時間を削ることはできる。

 

スマホを使えば、時間の密度は確実に上がる。そのためには、便利なアプリで作業時間を短縮し、通信ツールで移動距離を短縮し、チャットで仲間を増やしていけばいい。

 

コスパ良く圧縮した時間を利用して、ひとつよりふたつ、ふたつより3つ以上の景色を楽しむことが、人生の醍醐味ではないか?

 

そのためには、どこにいても、どんな時間でも必要な情報にアクセスできるスマホが抜群に役に立つ。時間のロスを、スマホで削り出すのだ。

 

変わりたければ、動き出そう。

手に入る情報とその質を上げよう。

自分の景色を変えていくことでしか、人生は変わらないのだ。

 

 

【書籍紹介】

スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル

著者:堀江貴文
発行:学研プラス

「スマホとは何なのか?」「どう使えば人生は最大化するのか?」 IT起業家として、インターネット黎明期から第一線を走り続けた堀江貴文さんが今まで語らなかった“スマホの真実”を、縦横無尽に語り尽くします。お金、教養、フォロワー…すべてをゲットして、小さなデバイスで人生を大きく変えていくコツが凝縮された一冊。

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

 

TAG
SHARE ON