ビジネス
TIPS
2017/1/15 13:00

【LINE】大量の写真を共有するには? 高画質で送るには? 「画像」にまつわる便利テクまとめ

このコーナーでは、意外と知られていないLINEの活用方法を紹介します。LINEに標準搭載されている機能を使うことで、「友だち」同士の情報共有を簡単に行えたり、逆に無駄な機能をすっきり統一できたりします。今回は「画像」にまつわる便利なテクニックをご紹介します。

 

1. 保存期間ナシ! 大量の写真は「アルバム」機能でスマートに共有すべし

「LINE」のトーク画面に送信された写真は、保存期間が2週間と短め。大事な写真を半永久的に保存したいなら、「アルバム」で共有しましょう。

 

アルバムを作成する

アルバムはトーク画面から起動できます。

20161114_y-koba_LINE (1)_R
↑トーク画面を開き、画面右上の「∨」アイコンをタップ。表示された画面で「アルバム」を選択します

 

20161114_y-koba_LINE (2)_R
↑続いて「アルバム作成」、または画面右下のアイコンをタップします

 

20161114_y-koba_LINE (3)_R
↑写真を選択し、画面右下の「選択」をタップします

 

20161114_y-koba_LINE (4)_R
↑切り替わった画面でアルバム名を入力し、「アルバム作成」をタップ

 

これでアルバムを新規作成できました。作成したアルバムは、トーク画面上でも確認できます。

20161114_y-koba_LINE (5)_R
↑トーク画面上のメッセージをタップすると、アルバムに登録された写真を一覧できます

 

iPhoneの場合、トーク画面を右から左に2回スライドしてもこれまで作成したアルバムを確認できます。

 

アルバムに写真を追加する

一度作成したアルバムに写真を追加することもできます。

20161114_y-koba_LINE (6)_R
↑トーク画面右上の「∨」アイコン→「アルバム」の順にタップし、アルバム画面を表示します

 

iPhoneの場合、トーク画面を右から左に2回スライドしてもアルバム画面に切り替えられます。

20161114_y-koba_LINE (7)_R
↑アルバム画面で、写真を追加したいアルバムをタップ

 

20161114_y-koba_LINE (8)_R
↑「+」アイコンをタップします

 

20161114_y-koba_LINE (9)_R
↑追加する写真を選択し、画面右下の「選択」をタップ

 

20161114_y-koba_LINE (10)_R
↑切り替わった画面で「写真を登録」をタップします

 

これで、アルバムに写真を追加できました。旅行などで大量に写真を撮った場合は、このようにアルバム機能を使うと共有がスムーズです。

 

 

2.「Keep」機能で擬似転送! メッセージの一部や画像を保存・共有する便利テク

「LINE」でメッセージのやり取りをしていると、メッセージの一部や画像を保存したくなるときがありませんか。LINEの「Keep」機能を使えば、トーク画面上のメッセージや画像を保存できます。また、一度保存した内容を、ほかの「友だち」と共有することも可能です。

 

メッセージや画像を「Keep」に保存する

トーク画面上で、保存したいメッセージや画像を長押しします。ここでは、メッセージを長押ししました。

20161111_y-koba_LINE (1)_R
↑メッセージ上に吹き出しが表示されます。左から2番目にある「Keep」をタップしましょう

 

「Keepに保存」画面で、メッセージや画像を追加で選択できます。選択が完了したら、「保存」をタップすれば完了です。

 

保存したデータは自分のプロフィールを開き、「Keep」をタップすると確認できます。

20161111_y-koba_LINE (2)_R
↑画面左下にある人型のアイコンをタップし、「プロフィール」欄にある自分の名前をタップ。ポップアップが表示されるので、「Keep」をタップしましょう。いままで保存したデータ一覧が表示されます

 

「Keepに保存したメッセージや画像を「友だち」に送る

「Keep」に保存したメッセージや画像は「友だち」に送ることができます。まず、トーク画面で、メッセージ入力欄左横にある「+」をタップしましょう。

20161111_y-koba_LINE (3)_R
↑表示されたメニューのなかから「Keep」をタップします

 

切り替わった画面で保存したデータを確認できます。

20161111_y-koba_LINE (4)_R
↑送信したいデータを選び、「決定」をタップしましょう。これで、「Keep」に保存したメッセージを送信できました

 

LINEには、通常のメールのように転送機能がありません。しかし、「Keep」を使えばメッセージを仲間内で簡単に共有することができます。

 

 

3.勝手に低解像度を避けたい! “オリジナル画質”のきれいな写真を送るワザ

「LINE」で送信した画像は、自動で圧縮されて画質が下がってしまいます。しかし、設定次第で画質を落とさずに送ることが可能です。ただし、画質が圧縮されていない分データ容量を多く消費するので注意しましょう。

 

オリジナル画質で画像を送信する

LINEで画像を送る際、「オリジナル画質」を選択すると高画質のまま画像を送信できます。

20161220_y-koba_LINE (1)_R3
↑「トーク画面を起動し、「+」アイコンをタップ。続いて「写真を選択」をタップします

 

20161220_y-koba_LINE (2)_R3
↑送信する画像を選択し、「オリジナル画質」を選択。「送信」をタップします

 

低画質で画像を送信する

オリジナルの高画質で画像を送信し続けると、データ容量の消費が激しくなります。容量を節約したい場合、トーク画面上に送信する画像の画質を下げるのもひとつの方法です。

20161220_y-koba_LINE (3)_R3
↑LINEを起動し、「…」アイコン→歯車のアイコンの順にタップ

 

20161220_y-koba_LINE (4)_R3
↑「写真と動画」をタップ

 

20161220_y-koba_LINE (5)_R3
↑「送信する写真の品質」をタップ

 

20161220_y-koba_LINE (6)_R3
↑「低画質」を選択します

 

これで、送信画像の画質を下げてデータ通信量を節約できます。

 

以上がLINEの画像にまつわるテクニックです。スタンプやメッセージと同じく使用頻度の高い機能ですので、ぜひ使ってみてください。