ビジネス
TIPS
2017/3/13 18:33

【iPhone】イチイチ手入力はもう勘弁! なにかと面倒なメールアドレスを一発で入力する方法

このコーナーでは、普段からiPhoneを使っている中級者向けに、意外と見落としている便利テクニックをご紹介! 本記事では面倒なメールアドレスの入力を、予測変換を利用して超簡単に済ませる方法を伝授します。

 

「ユーザー辞書」を使うべし!

ウェブサービスやアプリを利用する際に、アカウントやパスワードの入力が求められることは多いですよね。特に文字数の多い「メールアドレス」をアカウントで使用する場合、入力は億劫になります。しかし、「ユーザー辞書」に予めメールアドレスと、それを呼び出す合言葉を登録しておけば、細々とアルファベットを打ち込む手間を省けるので覚えておきましょう。

20170313_y-koba_iPhone (1)_R
↑「設定」アプリを起動し、「一般」をタップ

 

20170313_y-koba_iPhone (2)_R
↑「キーボード」をタップ

 

20170313_y-koba_iPhone (3)_R
↑「ユーザー辞書」をタップ

 

20170313_y-koba_iPhone (4)_R
↑右上の「+」をタップ

 

20170313_y-koba_iPhone (5)_R
↑メールアドレスを「単語」に入力し、それを呼び出す合言葉を「よみ」に入力して「保存」をタップ

 

これで準備が完了です。

 

メールアドレスを入力してみよう

続いて、入力手順について。

20170313_y-koba_iPhone (6)_R
↑先ほど登録したメールアドレスを呼び出す合言葉を入力。すると、予測変換にメールアドレスが表示された

 

 

20170313_y-koba_iPhone (7)_R
↑これを選択すればメールアドレスが入力される

 

なお、「よみ」に入力する合言葉はもっと短くても大丈夫。自分だけが分かる暗号でいろんなメールアドレスを素早く入力できるようにしておけば、メール送信時やサービスログイン時の時短術として活用できます。