ビジネス
ワード活用術
2017/3/23 13:07

【ワード】キッチリ 揃っていないと気持ち悪い! 「ルーラー」を使ったCase別文字の揃え方

文字を左右の中央に揃える場合、中央揃えを使いますね。では、左端に項目名を置いたまま、内容だけを中央に揃えたい場合はどうでしょう。この場合は、中央揃えタブを使います。参加費が縦に並ぶ場合は、右揃えタブを使えば「円」が揃います。小数を含む数字では、小数点揃えタブで小数点を揃えることができます。今回は、行の途中で文字をきれいに揃える方法を紹介します。

088-01
↑上は中央揃えタブを、中は右揃えタブを、下は小数点タブを使って文字を揃えています

 

Case 1 行の途中で文字を中央揃えする

行の途中で文字を中央に揃える場合は、中央揃えタブを使います。

088-02
↑箇条書きの項目名の右にカーソルを移動し、Tabキーを押して内容をタブ位置に移動します。同じようにしてほかの行もTabキーを押します

 

4行の内容がタブ位置に揃います。次に中央揃えタブを設定します。

088-03
↑編集画面左上の「タブ」ボタンを数回クリックして「中央揃えタブ」に変えてから、ルーラーの任意の場所をクリックします。中央揃えタブのマークが表示され、中央揃えタブに揃います。位置を移動する場合は、マークを左右にドラッグします。下にドラッグするとタブが解除されるので、やり直します

 

「タブ」ボタンはクリックするたびに機能が変わります。マウスポインターを「タブ」ボタンに合わせると機能名が表示されるので、名前を確認しながらクリックしましょう。

088-04
↑内容が中央揃えタブに揃います

 

Case 2 行の途中で文字を右揃えにする

行の途中で文字を右揃えにするには、右揃えタブを使います。

088-05
↑Tabキーを押して内容を揃え、行を選択します。「タブ」ボタンを数回クリックして「右揃えタブ」に変えてから、ルーラーの任意の場所をクリックします

 

右揃えタブマークがルーラーに表示され、内容が右揃えになります。

088-06

 

Case 3 行の途中で数字を小数点で揃える

小数を含む数字を小数点で揃えるには、小数点揃えタブを使います。

088-07
↑Tabキーを押して内容を揃え、行を選択します。ここでは、一つ目のタブに左揃えタブを使います。「タブ」ボタンを数回クリックして「左揃えタブ」に変えてから、ルーラーの任意の場所をクリックします

 

内容が左揃えで揃います。次に、数字を小数点で揃えます。

088-08
↑二つ目のタブを小数点揃えタブに設定します。「タブ」ボタンを数回クリックして「小数点揃えタブ」に変えてから、ルーラーの任意の場所をクリックします

 

数字が小数点で揃います。

088-09

行の途中で文字を揃えるワザはいかがでしょうか。「タブ」ボタンはさまざまな機能を設定できるので切り替えてから、ルーラーで位置を指定するのがポイントです。お試しください。

TAG
SHARE ON