ビジネス
TIPS
2017/7/7 20:10

iPhoneでDropbox使うなら必須テク! オフラインでファイルを閲覧するための設定方法

このコーナーでは、普段からiPhoneを使っている中級者向けに、意外と見落としている便利テクニックをご紹介! いまやiPhoneには欠かせないオンラインストレージとして、その名を知られた「Dropbox」。本記事ではオフラインでもDropboxのファイルを閲覧できる方法を解説します。圏外や不安定な電波状況であっても、どこでも素早く簡単にファイルにアクセスできる便利な機能です。

 

まずはオンライン時にアクセス設定をしよう

Dropboxのファイルにオフラインでもアクセスするためには、あらかじめオンライン時にアクセス設定を行い、使用中の端末にファイルを保存しておく必要があります。オフラインで使用したいファイルを選択し、右上のメニューで「オフラインアクセスを許可」をタップしましょう。

20170707_y-koba_iPhone (1)
↑オンライン状態でDropboxを起動し、オフラインでもアクセスしたいファイルをタップして開く

 

20170707_y-koba_iPhone (2)
↑右上の「…」をタップする

 

20170707_y-koba_iPhone (3)
↑「オフラインアクセスを許可」をタップすると、端末にファイルが保存される

 

20170707_y-koba_iPhone (4)
↑「オフラインアクセスを許可」にして端末に保存されたファイルの横には緑色のマークが表示される

 

20170707_y-koba_iPhone (5)
↑画面右下の「オフライン」をタップすると端末に保存されたファイル一覧が表示される

 

なお、オフラインでのアクセス設定を行ったファイルはiPhoneにダウンロードされますが、Wi-Fiやモバイルデータ通信ができる環境のもとでは、常に変更内容を反映した最新バージョンに更新されます。