ビジネス
エクセル時短術
2016/6/17 16:20

【仕事で使える】Excelファイルを一瞬で開く超速オープンワザ3選

このコーナーでは、Excel(エクセル)のいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

20160617-i02

Excelファイルを開くとき、Excelを起動 → 「ファイル」タブ → 「開く」 → 「開く」画面からファイルを選択、といった操作をしていませんか。ファイルを直接ダブルクリックする方法もありますが、ファイルの保管場所を探して開くのも意外と時間がかかるもの。ファイルを素早くサッと開くことができれば、時間の節約にもつながります。今回ご紹介するExcelファイルの超速オープンワザは、Excelを扱い慣れた人でも意外と知らないかも?! ぜひ参考にして下さい。

 

1.ジャンプリストから一瞬で開く

ジャンプリストとは、画面下部のタスクバーのボタンを右クリックすると表示されるメニューのこと。あらかじめタスクバーにExcelをピン留めしておけば表示できます。このジャンプリストによく使うファイルをピン留めすれば、Excelボタンを右クリック → ファイル選択の2ステップで簡単に開けます。

 

ジャンプリストにピン留めするには、ファイルを開いてから、タスクバーのExcelボタンを右クリック。メニューにあるファイルの「一覧にピン留めする」をクリックするだけでOKです。

002-01
↑ファイルを開くときは、タスクバーのExcelボタンを右クリック。ジャンプリストの「固定済み」にあるファイルを選択します

 

002-02
↑タスクバーにExcelボタンが見当たらない場合は、Excelを起動し、タスクバーのExcelボタンを右クリック。メニューから「タスクバーにピン留めする」を選択します

 

2.デスクトップのショートカットから開く

デスクトップにファイルを置くのは基本ワザのひとつ。ダブルクリックするだけで簡単に開きます。とはいっても、ファイルが増えるとデスクトップが乱雑になり、整理がつかなくなります。ショートカットなら、削除してもファイルそのものは残るので整理しやすいというメリットがあります。

 

002-03
↑ショートカットを作成するには、ファイルを右クリック。メニューから「送る」 → 「デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択します

 

002-04
↑ファイル名の「- ショートカット」は、アイコンを選択してF2キーを押せば削除できます

 

3.Excel起動時に複数ファイルをまとめて開く

いつも同じファイルで作業するという場合は、Excelの起動と同時に開くようにすれば、ただちに作業に移れて便利。特に、複数のファイルを使って作業する場合にはとても効果的です。

 

自動でファイルが開くようにするには、次の手順で行います。

1.ファイルを格納するフォルダーを作成。

2.アドレス欄をクリック → Ctrl+Cキーで保管場所をコピーします。

002-05

 

3. Excelを起動し、「ファイル」タブ → 「オプション」をクリック。「Excelのオプション」画面で「詳細設定」を選択 → 「起動時にすべてのファイルを開くフォルダー」欄でCtrl+Vキーで保管場所をコピペ → 「OK」。これでExcel起動時に保管場所にあるファイルが同時に開きます。

002-06

 

以上がExcelファイルの超速オープンワザになります。まずはひと通り試してみて、自分の使い方にあったワザを探してみて下さい。

 

関連記事
絶対知っておくべきExcelの瞬間起動ワザ3選

TAG
SHARE ON