ビジネス
エクセル時短術
2016/8/3 21:10

【エクセル使い方講座】プルダウンを使えば複雑な表も簡単に作成可能

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

 

家計簿の費目や商品分類、営業所などを入力する際、あらかじめ項目の一覧を作っておけば、プルダウンから項目を選択するだけでよく、いちいち手入力しなくてすみます。これには入力規則の「リスト」を使います。

 

項目の一覧は、データ入力用とは別のシートに作成しましょう。表の編集作業の際に、行の削除などで意図せずに項目が削除されるのを防げます。

 

入力規則にリストを登録する

データ入力用とは別のシートに項目の一覧を作成し、入力規則でリストに登録します。入力規則は、「データ」タブの「データの入力規則」ボタンから作成します。

032-01
↑ 新しいシートを作成し、項目を入力します

 

032-02
↑ 別のシートに表を作成して、リストを使いたいセルを選択したら、「データ」タブ → 「データの入力規則」ボタンをクリックします

 

「データの入力規則」画面が表示されます。この画面で項目の一覧を登録します。

032-03
↑ 「設定」タブの「入力値の種類」欄から「リスト」を選択して、「元の値」欄をクリックし、リストを入力したシート名をクリックします

 

「データの入力規則」画面が表示されたまま、指定したシートに切り替わります。

032-04
↑ 項目の一覧を選択すると、「元の値」欄に入力されるので、「OK」ボタンをクリックします

 

これで項目の一覧が入力規則に登録されます。

 

リストからデータを入力する

リストからデータを入力するには、セルを選択し、リストから項目を選択します。

032-05
↑ セルを選択し、「▼」ボタンから項目を選択します

 

リストからプルダウンで選択するだけで入力できるので、複数の項目が混在する表を作成する場合などに便利です。ぜひ試してみて下さい。

 

関連記事
アッという間に表を作れるオートフィル機能の便利ワザ
連続する日付を一瞬で入力できる便利なオートフィル機能
瞬時に連番を入力できるカンタン便利な関数
連続する番号を一気に入力できるテクニック3選
無駄な仕事を減らせる一括入力テクニック
入力内容を結合させる「&」活用法
入力したメールアドレスに自動リンクをさせない設定方法
入力間違いをアッという間に修正できる小技
絶対覚えておきたい“書式なしコピペ”のテクニック
ベテランは使わない!? 自動変換機能をオフにしてみましょう

TAG
SHARE ON