ビジネス
TIPS
2016/9/22 16:20

【インスタグラム使い方講座】新しく追加された「インスタグラムストーリー」って何?

いまや世界で5億人以上のユーザーがいる「Instagram(インスタグラム)」。最近は、日本でも幅広いユーザーが使い始めている写真投稿SNSです。このコーナーでは基本的な使い方や、一歩進んだ活用テクニックを紹介します。

 

Instagramに追加された「ストーリー」機能をご存じですか。同機能は、従来のシェアとは異なる特徴があります。今回は、3つのポイントに絞って「ストーリー」機能の概要を紹介します。

 

「ストーリー」は24時間で消える

「ストーリー」では、写真や動画を写真や動画を投稿可能。ただし、ストーリーへの投稿は24時間で消滅するので、一時的な情報発信向けの機能といえるでしょう。。また、普通にシェアした写真とは異なり、プロフィール画面の投稿写真一覧には表示されず、プロフィール写真をタップすることで、スライドショー(または動画)として再生されます。

 

①「ストーリー」への投稿手順

 

↑ホーム画面を起動。「ストーリー」はタイムラインの上部に一覧表示される。ストーリーを投稿したい場合には、左上の「+」をタップ
↑ホーム画面を起動。「ストーリー」はタイムラインの上部に一覧表示される。ストーリーを投稿したい場合には、左上の「+」をタップ

 

↑写真や動画を撮影する
↑写真や動画を撮影する

 

↑編集する場合は右上のアイコンをタップ
↑編集する場合は右上のアイコンをタップ

 

↑写真や文字を追加可能。左右のフリックでフィルター加工も可能。編集が終わったら「完了」をタップ
↑写真や文字を追加可能。左右のフリックでフィルター加工も行える。編集が終わったら「完了」をタップ

 

↑チェックアイコンをタップ
↑チェックアイコンをタップ

 

②「ストーリー」への投稿を確認する手順

↑ホーム画面に表示されるアイコンをタップ。または、プロフィール画面でプロフィール写真をタップ
↑ホーム画面に表示されるアイコンをタップ。または、プロフィール画面でプロフィール写真をタップ

 

↑投稿した写真(または動画)が順に表示される。投稿は24時間で消滅する
↑投稿した写真(または動画)が順に表示される。投稿は24時間で消滅する

 

 

■「メッセージ」や「足跡」でコミュニケーションをとるには?

投稿されたストーリーに対してコメントを送ると、「ダイレクト」機能でメッセージが届きます。また「ストーリー」には、自分の投稿をだれが見たのか確認できる、いわゆる「足跡」機能も備わっています。

↑ほかのユーザーのストーリー画面では、「メッセージを送信」という文字が表示される。ここをタップするとダイレクトメッセージが送信される
↑ほかのユーザーのストーリー画面では、「メッセージを送信」という文字が表示される。ここをタップするとダイレクトメッセージが送信される

 

↑自分のストーリー画面には、目のアイコンが表示される。詳細を見るには、これを上にスワイプ
↑自分のストーリー画面には、目のアイコンが表示される。詳細を見るには、これを上にスワイプ

 

↑投稿を視聴したユーザーを確認可能
↑投稿を視聴したユーザーを確認可能

 

 

■ストーリーの公開範囲は設定できる

「ストーリー」の公開範囲やメッセージ返信の許可範囲は設定で変更できます。まずはプロフィール画面を起動し、歯車の「オプション」アイコンをタップしましょう。

↑「オプション」画面で「ストーリー設定」をタップ
↑「オプション」画面で「ストーリー設定」をタップ

 

↑公開したくないユーザーの指定や、メッセージ返信を許可する範囲を指定できる
↑公開したくないユーザーの指定や、メッセージ返信を許可する範囲を指定できる

 

公開範囲を絞り投稿すれば、24時間で消える一時的な連絡手段として活用できそうですね。