ビジネス
エクセル時短術
2016/10/3 20:04

エクセルのデータ管理に必須! 重複データを簡単にチェック・削除する小ワザ

受注データや会員名簿などデータ数が多いと、ついやってしまいがちなのが“データの重複入力”でしょう。重複に気付いても、あとから探すのは大変です。そんなとき、「重複の削除」を使えば一瞬で重複データを削除できます。重複する内容の有無を確認する場合は、COUNTIF関数を使います。今回は、重複データをチェックし削除するワザを紹介します。

 

重複データを削除する

表内の重複データを削除するには、「重複の削除」を使います。

069-01
↑ 表のセルを選択し、「データ」タブ → 「重複の削除」をクリックします

 

「重複の削除」画面が表示されます。

069-02
↑ 「すべて選択」をクリックし、「OK」ボタンをクリックします

 

重複データがあると確認画面が表示されます。

069-03
↑ 重複データの数を確認し、「OK」ボタンをクリックします

 

一番目のデータを除き、重複データが削除されます。

069-04

 

重複する内容をチェックする

重複する内容の有無をチェックするには、COUNTIF関数で同じ内容が複数ある場合に「重複あり」と表示させましょう。「 =IF(COUNTIF(A:A,A2)>1、”重複あり”,””)」と入力すると、A列(A:A)にセルA2と同じ内容がある数を調べ、複数(>1)の場合は「重複あり」を、そうでない場合は空白(””)を表示します。

069-05

 

 

重複データのチェックはデータ管理に必須なテクニックです。ぜひ覚えて活用してみましょう。

 

TAG
SHARE ON