グルメ
お酒
2017/6/3 10:45

何か月経ってもワインの鮮度をキープ! 抜かずに飲めるワインシステムが画期的

「一度開けたワインは、早く飲みきらないと」。そんな定説が覆る日がやってきました。なんと、コルクを抜かずにワインを注げる、魔法のようなツールが発売されたのです。

 

仕組みはいたって単純。中が空洞になった細いニードルをコルクに刺し、空洞を通してワインを注ぐだけ。そのとき、ワインと引き換えに、窒素ガスをボトルの中に送り込みます。だから中身は酸化しません。ニードルを抜いた後も、コルクが自然と穴を塞いでくれます。

 

これなら1本のワインを毎年少しずつ味見し、ベストな熟成タイミングで開栓する、なんてことも可能です。

 

コルクを開栓しないから飲んだ後もずっとフレッシュ

20170515_yamauchi_6

シナジートレーディング
コラヴァン モデル2エリート
7万3440円

シナジートレーディングのコラヴァン モデル2エリートは、コルクを抜かずに、ワインをグラスに注げる世界初の画期的なアイテム。注ぐときにボトルに純度99.0%の窒素ガスを入れるため、残ったワインが酸素に触れず、鮮度をキープできます。複数のワインを少量ずつ飲み比べたいときなどにオススメです。

 

20170515_yamauchi_7

特許技術を用いて作られたニードル。使用後、コルクにできた穴は自然と塞がるので、安心して保管できます。

 

 

PowerPoint プレゼンテーション

窒素ガスが入ったカプセル。購入時は2本が同梱されています。1本当たりワインボトル2〜3本を抽出可能です。

 

GetNavi webでは同製品の発表会の模様もレポート。ワイン通への“通”なプレゼントとしても最適ですね。

 

【関連記事】

5年経ってもワインが酸化しない! ワインに新たな楽しみをもたらす「コラヴァン」とは?

TAG
SHARE ON