グルメ
2018/5/12 21:00

「チーズ迷子」は、これ選んどけば? 成城石井で見つけた「ミモレット」を同店オリジナルの日本酒とともに

おつまみにできるチーズはたくさん種類があって、どのアイテムにしようか迷ってしまったことはありませんか? そんなとき、試してほしいのがミモレット。コクとさわやかな酸味が特徴で、ワインや日本酒をはじめ、多くのお酒に合うとされるフランス発祥のチーズです。

 

噛めば噛むほどコク深い味がにじみ出て、後味も長く残る

オレンジ色のチーズをスーパーなどで見かけたことのある方も多いでしょう。それこそがこのミモレットチーズです。このオレンジ色は植物色素であるアナトーの色。外側はくすんだ色をしており、ぼつぼつとした穴が開いています。

 

今回は成城石井で売られていたムラカワの「ミモレットヤング」(※)をチョイスしました。セミハードタイプで、硬さは包丁でも簡単に切れる程度。熟成が進むと硬くなるのがミモレットチーズの特徴ですが、「ヤング」の名の通り、本品は早めに出荷されている商品であり、それほど熟成が進んでいないためです。

※品名は成城石井の表示に準じています

さっそく食べてみましょう。歯ごたえはしっかり、でもそれほど噛みにくいというレベルではありません。はじめ少し独特の苦みがありますが、ひと噛み、ふた噛みと、噛めば噛むほどコクの深い味が出てきます。硬さからは想像ができませんが、思った以上にクリーミーで、味に奥行きがあり、後味がずっと残ります。多少の苦みがあるものの、全体としては食べやすい部類に入りますから、万人におすすめできるチーズといえるでしょう。

さて、今回こちらに合わせたお酒が「真澄(ますみ)純米吟醸 野可勢(のかぜ)」(720mℓ1934円)。「真澄」は、長野県は諏訪にある酒蔵・宮坂醸造が造る銘酒であり、全国的にも有名です。そして、この「野可勢」は、成城石井でしか買えない限定品。純米酒に秘蔵の大吟醸をブレンドしたレアな1本なのです。フルーティな吟醸香がほのかに香る味わいには、適度な爽快感と後味の辛さがあります。純米酒もブレンドされているだけあり、コメの甘味も十分に出ていて、香り、旨みと爽快感のバランスは秀逸。万人受けする飲みやすいお酒に感じました。

 

さて、ミモレットと「野可勢」の“成城石井コンビ”を合わせてみたところ、双方の味が殺しあわず、見事なフィット感がありました。ミモレットチーズのクリーミーなコクがお酒のコメの味に混じり、とても舌触りの良い芳醇な味わいに。それはそれは上品な味わいで、晩酌というよりもオシャレなバルでお酒を楽しんでいるような気分になりました。

 

なお、こちらのミモレットは醸造酒だけでなく、アルコール度の強いお酒にも合う万能選手。ウイスキーのような、チビチビ飲みたいお酒のアテとしても抜群にいい仕事をしてくれます。アルコールの刺激を緩和してくれるうえ、チーズの深い余韻を楽しむことができます。

 

チーズは種類が多すぎてどれに手を出せばいいかわからないよ……という方、まずはミモレットから入門してみるのはいかがでしょうか?

 

ムラカワ
ミモレットヤング
実売価格507円

TAG
SHARE ON