グルメ
お酒
2019/4/22 20:50

日本酒好きは行かなきゃ恥!「ヒデ」プロデュース日本酒イベントは「破格」で「別世界」だった

もうすぐGW。さまざまなグルメイベントが盛況ですが、特に注目なのが、4月19日(金)~29日(月・祝)まで東京・六本木ヒルズアリーナで開催される「CRAFT SAKE WEEK(クラフト サケ ウィーク)at ROPPONGI HILLS 2019」です。こちらは、「ヒデ」ことサッカー元日本代表の中田英寿さんがプロデュースする、全国の地酒が楽しめるイベントで、各蔵元の自信作をグラス一杯から楽しむことができます。

 

新「キットカット 日本酒」はどちらの銘柄に? 監修・中田英寿氏と有名シェフの意見が割れる完成度

↑会場デザインは「縄」がコンセプト。 2020年ドバイ国際博覧会の日本館の設計を手がける建築家、永山祐子さんが担当しています

 

参加する蔵元は、日本全国の350蔵に及ぶ酒蔵へ足を運んできた中田英寿さんが厳選。1日に出店する酒蔵をテーマごと10蔵に絞り、今年初参加の17の酒蔵を含め計110の酒蔵が個性豊かな日本酒を提供します。実際にイベントに参加したところ、「これは絶対行くべき」と確信しました。以下で、その理由を解説していきましょう!

↑“高品質な日本酒をきちんと美味しく学べる場”を提供するのがイベントの趣旨。会場中央には、出店される各蔵の一升瓶がディスプレイされています

 

お酒のラインナップがテーマごとに毎日変わる

まず驚きなのが、平日・休日を問わず計11日間開催しているということ。そして日本酒のラインナップがスゴいのはもちろんのこと、毎日異なるテーマが設定されており、それに応じて銘柄が変わるところも見逃せません。

↑こちらは初日に筆者がオーダーした、山口県・八百新酒造の「雁木(がんぎ) 純米吟醸 無濾過生原酒ノ弐」(3コイン)

 

イベント日程の前半は、酒蔵の所在地をテーマとした「東海の日」「関西の日」「中国・四国の日」「九州の日」があり、どのエリアもラインナップが粒ぞろい。飲んでみたい! と思う銘柄ばかりです。

 

面白い日を挙げるとすれば、4月27日(土)の「SAKE COMPETITION 2018の日」。「SAKE COMPETITION」は中田英寿さんが実行委員として参加する、国内最大規模の日本酒品評会で、ここで受賞した酒が登場するのです。

↑たとえばこちらは、4月27日(土)に登場する福島県・宮泉銘醸。同蔵の「會津宮泉」と「冩樂」は2018年の純米酒部門でともにトップ10にランクインしています(写真は2017年の筆者取材時)

 

そして、何といっても一番の注目は4月29日の「チーム十四代の日」。「芳醇旨口」という新たなジャンルを創出して日本酒の流れを変えた山形の「十四代」、三重のニュースター「而今(じこん)」を筆頭に、栃木「鳳凰美田」、広島「寳劔(ほうけん)」、山口「東洋美人」など、押しも押されもせぬ有名銘柄が目白押し。元々「十四代」「而今」が入手困難なお酒であることもあって、まず間違いなく、多くの人が殺到するでしょう。この日は日本酒が売り切れる前に、早めに訪れたいところです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON