グルメ
2016/6/1 16:59

熱中症対策には塩+すいか! 夏にぴったりな塩入り「ファンタ すいか」が登場

日本コカ・コーラは炭酸飲料「ファンタ」ブランドから、汗とともに失われる塩分の補給に必要な“塩”を、すいかフレーバーにプラスした「ファンタ すいか」を7月4日から発売します。

 

「ファンタ すいか」は、今年1月に発売した「ファンタ レモン+C」に続く、季節に合わせたフレーバーシリーズの第2弾商品です。夏を代表する果物“すいか”のフルーティーで爽やかなフレーバーに、夏の暑さ対策をサポートする塩分を配合。あっさりした甘みと爽やかでフルーティーな香り、シュワシュワの炭酸ですっきりとリフレッシュできます。パッケージは、“すいか”をセンターに描写し、“塩”入りをアイコンで併記。夏らしさを取り入れたパッケージデザインです。1本(490ml)に460mgの食塩が配合されており、熱中症予防の水分補給や塩分補給もしっかりサポートしてくれます。

↑ファンタ すいか(490mlPET)/147円
↑ファンタ すいか(490mlPET)/147円

 

↑ファンタ すいか(1.5mlPET)/346円
↑ファンタ すいか(1.5mlPET)/346円

 

リツイートで先行プレゼントも

6月6日から「ファンタ」の公式Twitterアカウント(@Fanta_Japan)が発信するキャンペーン対象ツイートをリツイートし、「ファンタ」公式サイト(http://www.fanta.jp/)の応募フォームに必要事項を入力し応募すると、抽選で1000人に「ファンタ すいか」を発売日前に先行プレゼントするキャンペーンを実施します。応募締切は6月19日23時59分(予定)。おいしく塩分補給ができる「ファンタ すいか」をいち早く飲める貴重なチャンスです!

gn160601-03 (1)
↑プレゼントはユニークなパッケージを採用

 

<熱中症について>
熱中症は、室温や外気温が高い中で、体内の水分と塩分(ナトリウム)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇やめまい、けいれんや意識の異常など、さまざまな障害を起こす症状です。総務省消防庁によると、2015年5月から9月までの熱中症による救急搬送人員数は、全国で累計5万5千人以上。特に、7月に入って救急搬送される人が急増し、8月下旬までの約2カ月間に搬送人員数が集中しています。

 

↑2015年の熱中症による救急搬送状況(2015年4月27日~10月4日の週別推移)
↑2015年の熱中症による救急搬送状況(2015年4月27日~10月4日の週別推移)

※総務省消防庁報道資料「平成27年の熱中症による救急搬送状況」(2015 年10 月16 日)のデータを基に作成

 

また、救急搬送人員数を年代別にしてみると、65歳以上の高齢者が多く、18歳以上65歳未満の人も約4割を占めています。年齢に関係なく熱中症になっていることがわかります。

 

 ↑6月~9月の熱中症による救急搬送者の内訳(2010年~2014年合計)

↑6月~9月の熱中症による救急搬送者の内訳(2010年~2014年合計)

※総務省消防庁「熱中症対策リーフレット」のデータを基に作成

 

熱中症対策のポイントは、暑さを避けることと水分を補給すること。厚生労働省も「熱中症予防リーフレット」で、室内でも外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分・糖分を補給することを呼びかけています。ファンタ すいかなら、おいしく水分・塩分補給ができるので、これからの季節の熱中症対策にもぴったりですね。

 

【URL】
日本コカ・コーラ http://www.cocacola.co.jp/
ファンタ http://www.fanta.jp/

TAG
SHARE ON