グルメ
ラーメン
2019/12/9 17:30

【ラ飲みの名店】「超穴場」以外の言葉があろうか? ミシュラン星付きの「息子」が手掛ける「母」の店・本鵠沼「麺バルHACHIKIN」

ラーメン店でお酒を楽しむ、通称「ラ飲み」。本稿は、お酒をより深く楽しむための情報サイト「酒噺」(さかばなし)とコラボし、この「ラ飲み」にスポットを当てた企画である。

 

 

案内人は、GetNavi本誌でラーメン連載を持つミュージシャン、サニーデイ・サービスの田中 貴さん。本稿では「ラ飲み」でオススメの店を行脚しつつ、「ラ飲み」の楽しみ方や珠玉のラーメンを紹介していただく。今回は、全6回となる短期連載の第3弾をお届け。

 

第1回の記事はコチラ→【ラ飲みの名店】「コスパの概念」が吹っ飛ぶ店を知っているか? つまみ、手打ち麺ともに衝撃的な「金町製麺」

第2回の記事はコチラ→【ラ飲みの名店】つまみは、ほぼ裏メニュー!? 〆の一杯は「ある意味、もっとも贅沢」と絶賛される曙橋「角久」

 

【プロフィール】

田中 貴

サニーデイ・サービスのベーシスト。日本全国を食べ歩くラーメン好きとしても知られ、テレビや雑誌などで、そのマニアぶりを発揮することも多い。9月4日にサニーデイ・サービス、丸山晴茂在籍時の国内ラスト・ワンマン公演を収めたDVD「Birth of a Kiss」をリリース。ライブは12月21、22日に曽我部恵一の「それからlove -東京編-」にゲスト出演。12月25日にはスネオヘアーの「クリスマスの集い 2019」をサポート。そして2020年1月15日には「お~い えんけん!ちゃんとやってるよ!2020」をサニーデイ・サービスで主催する。

 

ミシュラン1つ星ラーメン店「蔦」がプロデュースするラ飲みの穴場

今回、田中さんと向かったのは神奈川県の藤沢。小田急江ノ島線の「本鵠沼(ほんくげぬま)駅」だ。新宿駅から電車に揺られること1時間強。鵠沼海岸や江の島にも近いこの街に、ラ飲みの穴場の店があるという。

 

「これから紹介する『麺バルHACHIKIN』は、あの蔦(つた)の大西祐貴店主がプロデュースしてるんです。それもあって、ラーメン好きにはよく知られたお店ですね。ラーメンはもちろん絶品。さらに“麺バル”を謳っているように酒やつまみも充実していて、飲み屋としても最高なんです」(田中さん)

↑2018年5月にオープンした「麺バルHACHIKIN」は、水色の外壁やヤシの木が目印。湘南らしさを感じさせるたたずまいだ

 

「蔦」というのは、世界で初めてミシュランガイドで星付きのラーメン店となった「Japanese Soba Noodles 蔦」のこと。大西祐貴店主は、田中さんにとって最も親交の深いラーメン職人のひとりである。なぜ、その超名店がプロデュースを?

 

「ここHACHIKINは、大西祐貴店主の母親・大西由美子さんが店主なんです。メニュー開発や味作りはもちろん祐貴店主が。それだけではなく、蔦で打った麺も毎日送られてきます。大行列店である蔦の味を、並ばず食べられる超穴場なんです」(田中さん)

 

期待を胸に、店に到着。駅からは徒歩約1分と至便ながら広々とした空間となっており、奥には座敷もあって使い勝手のよさは抜群だ。確かに、この店が自分が住む街にあったら幸せだろう。

↑センスの良さを感じさせる、落ち着いた雰囲気の空間。オレンジのエプロンを着ているのが女将の大西由美子さんだ

 

イタリアン出身の料理長が作るバラエティに富んだつまみが揃う

まず田中さんが注文したのは定番のつまみ「よさこいセット」という3種盛り。「よさこい」といえば高知県の民謡や祭りで知られるが、同店のメニュー名に採用されている理由は、女将さんが高知出身だから。また店名の「はちきん」とは、土佐弁で「活発な女性」「男勝りな女性」のこと。メニューには高知産の食材を使った料理や酒もあり、それも同店の特徴となっている。

↑「よさこいセット」。3種の内容は料理長のお任せとなる。料理のみは620円、ドリンク付きは1020円 ※お酒の画像はイメージ。店舗でも取り扱いなし(以下同)

 

この日の「よさこいセット」は鶏ササミのフリット、ハチビキという魚の刺身、ブルーチーズとレーズンバターのブルスケッタ(上写真)。冷・温に和・洋という組み合わせが秀逸で、これだけでも料理のクオリティの高さがよくわかる。

 

その後もいくつかのつまみをオーダー。旬の素材を使ったものや、“麺バル”ならではのメニューが我々を楽しませてくれた。バラエティに富んだ珠玉のメニューを以下で紹介していこう。

↑「チューリップの唐揚げ 2本」320円。鶏の手羽元を開いた唐揚げを、醤油、みりん、酒、ニンニクなどで甘めに味付け。ゴマが香ばしいアクセントに

 

↑「さんまの燻製 秋ナス添え」500円。ナスの煮浸しに、ほんのり甘じょっぱく味付けしたサンマの燻製をオン。脂がのったサンマと柔らかいナスのメリハリがたまらない

 

↑「自家製ベーコンのグリル サラダ仕立て」880円。ドレッシングは肉と野菜を引き立てるため、白ワインビネガーとオリーブオイルでシンプルに。ベーコンはサクラのチップでスモーク

 

↑「チャーシューとナスのトマトソースPIZZA」920円。ラーメンで使う肩ロースのチャーシューを、生ハムに見立てて仕上げた同店ならではのピッツァ。モチッとした生地とジューシーな具材が調和する

 

ラーメンはラーメン職人の店長・猿渡真吾さん、つまみはイタリアン出身の料理長・早川 徹さんが担当。それぞれの作り手が自分の得意分野に集中して調理していて、ラーメン、つまみとも高いレベルを保っているのが魅力だ。

 

「ラーメンは言わずもがな。しかも、つまみもこれだけウマいってのが本当にスゴい! このレベルを両立している店は、東京にもありません。しかも東京ほど家賃が高くないから価格も良心的だし。近所の人がうらやましいな~」(田中さん)

 

  1. 1
  2. 2
全文表示