グルメ
お酒
2019/9/17 18:00

【ラ飲みの名店】つまみは、ほぼ裏メニュー!? 〆の一杯は「ある意味、もっとも贅沢」と絶賛される曙橋「角久」

ラーメン店でお酒を楽しむ、通称「ラ飲み」。本稿は、お酒をより深く楽しむための情報サイト「酒噺」(さかばなし)とコラボし、この「ラ飲み」にスポットを当てた企画である。

 

案内人は、GetNavi本誌でラーメン連載を持つミュージシャン、サニーデイ・サービスの田中 貴さん。本稿では「ラ飲み」でオススメの店を行脚しつつ、「ラ飲み」の楽しみ方や珠玉のラーメンを紹介していただく。今回は、全6回となる短期連載の第2弾をお届け。

第1回の記事はコチラ→【ラ飲みの名店】「コスパの概念」が吹っ飛ぶ店を知っているか? つまみ、手打ち麺ともに衝撃的な「金町製麺」

 

【プロフィール】

田中 貴(たなか・たかし)

サニーデイ・サービスのベーシスト。日本全国を食べ歩くラーメン好きとしても知られ、TVや雑誌などでそのマニアぶりを発揮することも多い。バンドの新作としては、9月4日にサニーデイ・サービス、丸山晴茂在籍時の国内ラスト・ワンマン公演収めたDVD「Birth of a Kiss」をリリース。そのほか2019年はアルバム制作のかたわら、様々なアーティストのライブサポートを行っている。

 

お酒を注文するとサービスで日替わりのお通しが

今回田中さんが訪れたのは、都営新宿線「曙橋駅」が最寄りの「江戸川ラーメン角久(かどきゅう)」。前回の「金町製麺」はつまみが充実している店だったが、今回は違う。メニューの多くはラーメンで、アテになりそうな料理は「つまみチャーシュー」ぐらいだ。こういったお店で「ラ飲み」を楽しむには?

 

「まずはお酒が置いてあるかどうかをチェック。角久はビールやチューハイが缶でそろっています。僕は、メニューにはない『ミドリ』と呼ばれるオリジナルの緑茶割りを飲んでますけどね。あと、ここはお酒を注文するとお通しがサービスで付いてくるんですよ。その日によってカボチャの煮物とか、天ぷらとか餃子とか。女将さんが手作りする家庭料理っぽい小鉢に安らぎを感じますね。あと、つまみチャーシュー以外にも、ラーメンってトッピングがあるじゃないですか。角久なら煮玉子とかキムチとか。それを単品で注文して、お酒のつまみにするんです」(田中さん)

↑お通しは日替わりで、この日はひじきの煮物

 

↑サービスのお通しは、どれもほっこりするおいしさ。「ミドリ」は350円で、メニューにはのっていないが常連客のほとんどがこれを飲む。しかも、アメリカン、レギュラー、エスプレッソと濃さを選ぶことが可能

 

↑ほどよい塩味でお酒が進む「半熟煮玉子」100円(左)と、ほうれん草がたっぷりでラーメンダレの隠し味も絶品な「つまみチャーシュー」350円(右)  ※お酒の画像はイメージ。店舗でも取り扱いなし(以下同)

 

居心地の良さに惹かれ、何回も通ううちに裏メニューの存在を知る

しかも同店の場合は「ミドリ」がそうであるように、つまみにも裏メニューがいくつもあるのだとか。そういったところも、田中さんが同店をピックアップした理由なのだ。

 

「ネットに詳しい情報がのってなくても、にぎわってるラーメン店ってありますよね。その理由はおいしさだけじゃなく、居心地の良さもあったりすることが多いんです。たとえば、手が空いてる時なら、気さくな店主がお客の要望を叶えて裏メニューを作ってくれるとか。角久はまさにそういうお店。僕も、何回も通ううちにお店の人や常連と仲良くなって、徐々に裏メニューがあることを知ったんです。クチコミサイトに書き込む人って、ウマい店であっても一度しか行かないみたいなところがあるので、こういう楽しさまでは知ることはできないんですよ」(田中さん)

 

そんな裏メニューのひとつが、トッピングの「ネギ」と「のり」を組み合わせた「ネギのり」だ。ネギはラーメンのタレとスープで味付けされており、これをのりで巻いて食べるのがオススメ。

↑「ネギのり」300円。それぞれ150円のネギとのりを、常連が自ら工夫してつまんでいたのがきっかけだという

 

↑こちらも裏メニューの「ほうれん草のバターコーン炒め」400円

 

人に話したくなるお酒のお役立ち情報やうんちくを知りたい方は、酒噺へ!

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON