グルメ
2020/8/27 21:00

SNSで話題になった「完全ノンアルコールバー」、実際行ってみたら「超本格バー」だった

若者の酒離れが叫ばれるようになって久しいですが、お酒が飲めない方でも楽しめるノンアルコールバーが六本木のど真ん中に今年オープンしました。店名はそのものズバリの「0%」。午前中から22時までの営業で、こだわりのドリンク、フードが神秘的にも感じるバースペースで楽しめるという、かなり個性的なお店です。

 

しかし、本当にアルコールがなくても間が持つのでしょうか。さっそく来店し、「酒抜き」ドリンクをいただきながら、同店をプロデュースした山本麻友美さんに話を聞きました。

↑「0%」プロデューサー・山本麻友美さん。アプリのUIデザイナー、女性向けメディアのブランディングなどを経て、The Human Miracleに入社。同社の事業の一つとして完全ノンアルコールバー0%をプロデュースされたそうです

 

お酒が苦手な人が抱える、飲み会でのモヤモヤを解消!

ーー日本では前例のないノンアルコールバーの開店、かなり斬新に思いました。

 

山本麻友美さん(以下、山本) そうですよね(笑)。もともと私自身がお酒に強くなくて、例えば友達と食事に行った際、友達はワインリストとかを見て楽しそうにしていても、自分はジンジャーエールか烏龍茶しか選択肢がなくて寂しさを感じることが多かったんです。

 

ただ、こうやって何かを飲みながら、1~2時間話をした時間って、すごく貴重だとも感じていまして。前向きな話もできるし、共感することも多いので。だったら、私のようにお酒が弱かったり、飲めない人のために、「完全なノンアルコールドリンクを出し、お客さんにゆっくり時間を過ごしていただけるようなお店ができないものだろうか」と思って企画したのが、この0%だったんです。

 

ニューヨークやロンドンにはノンアルコール専門のバーがあったり、ノンアルコールのスピリッツが売られていたりするので、そういう場を東京でできたら良いなと思ってオープンしました。

↑六本木の外苑東通りの路面店として展開している0%

 

ーー開店したのは、夜はお酒のイメージが特に伴う六本木のど真ん中です。これは何故だったのでしょうか。

 

山本 お店のあるビル自体にたまたまご縁があったということもあるのですが、「ノンアルコールだからカフェっぽく静かに」という場所だと、来ていただける方が限られちゃう。それよりは「お酒は苦手だけど、本当はバーとかにも行ってみたい」「お酒は苦手だけど、気分が上がる場所で、友達と語り合いたい」という方に向けて、六本木という場所をあえて選びました。周りがお酒だらけの場所ですけど、だから良いとは思っています。

 

ーー店内も神秘的な雰囲気があって、いわゆるカフェとは違います。やはりバーとかクラブに近い雰囲気というか。

 

山本 そこもこだわりました。0%は午前中から22時まで営業しているんですけど、夜はあえてダウナーな照明にしています。その理由はアルコールがなくても気まずくなく、相手との距離を身近に感じてもらい、深い話をしていただけるような場所にしたいと思ってのことです。

↑0%の神秘的とも思えるバーカウンター。ここでノンアルコールドリンクをいただきます

 

↑バーカウンター周辺にもテーブルスペースもありますが、さらに奥に進むと、ノンアルコールドリンクを飲みながら談笑できるスペースも

 

↑さらにその奥はプライベートスペースも。スペイシーなソファやベンチが並び、現実逃避できそうな空間です

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON