グルメ
2016/9/4 11:26

ヘルシー温野菜は調味料選びが肝! 野菜の味を引き出しコクを加えてくれる調味料6選

温野菜は、本来の旨みや香りが引き出され、柔らかな食感で消化しやすくなります。生野菜よりかさが減るので、たくさんの野菜がとれるのも利点。ですが、ドレッシングを工夫しないと、単調な味になってしまいます。そこで今回は、野菜のおいしさを引き出し、コクを加える風味豊かな調味料を厳選して紹介。別の料理に使えるものばかりなので、常備しておくと便利ですよ!

 

【関連記事】

ラクして料理上手になれる! 便利な調味料を紹介した記事はコチラ

 

その1

濃厚なアンチョビがクセになる!

20160904-s1 (6)

サンクゼール

バーニャカウダ

70g/617円(店舗により異なる)

コクのあるアンチョビを使用した、濃厚なソース。香り高いにんにくとほど良い塩気が、温野菜の甘味のアクセントになります。辛口の白ワインを片手に楽しみたいところ。

【こう使っても美味!】

レンジで温めて、野菜やパンをフォンデュスタイルで。そのままパスタに和えても、ソースの隠し味にしてもうまい!

 

その2

コーンの甘みと食感が口に広がる!

20160904-s1 (2)

パン工房

コーン& マヨ

150g/ 238円

コーンの甘味が、ベースのマヨネーズによって引き出されたスプレッド。蒸したての温野菜にのせると、とろりと溶けて味がなじみます。弾ける食感のコーンで食べごたえあり!

こう使っても美味!

ホクホクのじゃがいもに塩とともに添えれば絶品じゃがマヨが完成。食パンにのせてトーストすると、立派な惣菜パンに。ドリアのソースにもなります。

 

その3

ピリ辛がうまい秘伝の調味料

20160904-s1 (7)

久原本家 茅乃舎

化学調味料・保存料

無添加 赤麹

110g/ 864円

茅乃舎の名物料理研究家・長野おばあちゃん直伝の「赤麹」。赤唐辛子に海塩と米麹を加え、麹の力で唐辛子の旨みを引き出すユニークな製法で作っています。発酵食ならではの自然な甘みがあるのが魅力。

こう使っても美味!

肉料理のつけだれとしても使える。肉や魚の下味にすると、素材の甘みが一層引き立つ。残り野菜をこれで漬物にしてもよし。

 

その4

南高梅と だしの調和で野菜が好きになる!

20160904-s1 (4)

もへじ

梅しそのたれ

(紀州南高梅使用)

210㎖/429円

カルディコーヒーファームで販売。紀州南高梅の果肉を贅沢に使用。かつおや日高産昆布のだしと合わせて、酸味とコクを調和させています。食の進むしっかりとした梅の香りが特徴。酸味だけでなく、甘みもあるので食べやすいです。

こう使っても美味!

そのまま豆腐やサラダにかけてさっぱりと。ぶっかけそうめんにちょいがけすれば、食欲アップ。牛肉のこってり感が気になるときにも使いたいです。

 

その5

まろやかな味がやみつきになる!

20160904-s1 (3)

サンクゼール

アンチョビとニンニクドレッシング

125㎖/ 565円(店舗により異なる)

アンチョビベースのバーニャカウダ風ドレッシング。体にやさしい、ぶどうの種から搾ったグレープシードオイルを使用しています。生クリームを加えたまろやかな味わいがやみつきに!

こう使っても美味!

生野菜サラダのドレッシングとして使えば、濃厚な味わいに。淡泊な食材にも合うので、蒸し鶏や白身魚のソースにも使えます。

 

その6

にんにくや唐辛子とベストマッチ

20160904-s1 (5)

九鬼産業

九鬼韓国料理に合うごま油

150g/ 324円

創業120 余年のごま専門店が作るごま油。直火焙煎で煎り上げたごまを、伝統ある圧搾法を用いて搾ることで、ごま本来の香りと味を引き出しています。にんにくや唐辛子などを使う、パンチの効いた韓国料理によく合います。

こう使っても美味!

蒸した魚介にコチュジャンやにんにくなどと合わせてかけると、韓国風シーフードサラダに。生キャベツと塩昆布を和えたおつまみも絶品!

 

TAG
SHARE ON