グルメ
スイーツ
2016/10/25 13:27

“かためプリン界”に衝撃を与えたのは厚焼き玉子!? 宮崎県の名産が「本物のプリンみたいで激ウマ」と話題に

お手軽スイーツの代表であるプリンには、「柔らかければ柔らかい方が良い!」というなめらか派と、「プリンといえど弾力が大事!」と主張するかため派が存在している。そして最近、ネット上ではかため派たちを唸らせる“玉子焼き”があると話題になっている。

「日南市ふるさと納税」公式サイトより
画像出典:「日南市ふるさと納税」公式サイトより

 

かためプリン派が絶賛する厚焼き玉子

かためプリン派たちの注目の的となっているのが、宮崎県日南市の城下町・飫肥(おび)に伝わる郷土料理の「厚焼き玉子」。実際にこの厚焼き玉子を食べた人は、「最初はコレ玉子焼きなの!? ってなると思うけど、ほんとに固いプリンみたいで激ウマ」「飫肥の厚焼き玉子は至高」「ツルツルの舌触りで本当にプリンを食べているかのようだ」と大絶賛。「これはもう飫肥の名物、いや宝だ」「なんで俺はこの玉子焼きの存在を知らなかったのか……」という声まで上がっている。

 

江戸時代から受け継がれる甘々の厚焼き玉子

しかし、「玉子焼きなのになぜプリンのような味になるのか?」と不思議に思う人も多いだろう。厚焼き玉子といえばたっぷりのダシを使うのが一般的だが、飫肥の厚焼き玉子はダシの代わりに大量の砂糖とみりんを使用する。そして銅板の型でじっくり焼き上げることで、まるでプリンのような玉子焼きが完成するらしい。日南市の公式サイトでも、その味わいは「プリプリツルリンとした食感はまるで和風プリン」と表現されている。

 

大量の卵があれば自宅でも作れる?

そんな大人気の“かため和風プリン”、もとい厚焼き玉子の作り方が日南市の公式サイトで紹介されている。しかし絶品の玉子焼きを作るためには、20個もの卵に白砂糖350~400グラムが必要。さらに、銅板の型を使用しないとオーブンで焼くのも難しいよう。

 

自宅ではそう簡単に再現できないことを見越してか、日南市は「『ふるさと納税』のお礼として、飫肥の厚焼き玉子をご用意しております」とちゃっかりふるさと納税に誘導している。飫肥の城下町なら焼きたてを食べられるので、やはり現地に行くのがベスト。だが、旅行に行けない人は日南市に納税して、絶品玉子焼きが自宅に届くのを待つという手もありかもしれない。

TAG
SHARE ON