グルメ
スイーツ
2022/10/28 18:55

1種のカカオ豆で個性の異なる5層のチョコレートを表現! 毎年完売の「Minimal クリスマスケーキ -2022-」予約受付中

日本発のスペシャルティチョコレート専門店 「Minimal – Bean to Bar Chocolate – (ミニマル)」は、毎年完売が続いている、シングルオリジン(単一産地)のカカオ豆から成る5層のチョコレートクリスマスケーキ「Minimal クリスマスケーキ -2022-」の予約を、10月26日(水)よりオンラインストア・富ヶ谷本店・代々木上原店で受付中です。販売価格は、5670円(税込)。

 

 

Minimalとは?

Minimal は世界のカカオ産地を訪れ、良質なカカオ豆から職人が一つ一つ手仕事でチョコレートを制作。「丁寧にシンプルに、最高の素材を活かし香りを最大限に引き出す」という原点に真摯に、国内外の星付きレストランやトップパティスリーで腕を磨いてきたパティシエ・ショコラティエ・職人達が切磋琢磨しています。

 

素材のカカオは現地で発酵・乾燥作業の研究やレクチャーを行い、カカオ農家と一緒に高品質・高単価に適うフレーバーの開発を行っています。プランテーションの名残があるカカオ産業のサステナブルな経済的自立を目指し、技術支援やフェアでエシカルな取引を行っているとのこと。2019年は JICA の ODA 案件化調査プロジェクトでニカラグアにおいてカカオの調査を行った実績もあります。

 

素材を活かす“引き算”の思想と独自製法により、国際品評会で6年連続69賞を受賞。基本に忠実に、一方で伝統や手法にはとらわれない自由な発想で生活に彩りを加え、“また食べたい!”と思える「こころに遺るチョコレート」造りを信条にしています。

 

「Minimal クリスマスケーキ -2022-」は、5層のチョコレートで造られたスペシャルな逸品

「Minimal クリスマスケーキ -2022-」は、シングルオリジン(単一産地)のフィリピン産ファインカカオ豆から、豆の焼き方や製法を変えることで5層のキャラクターのチョコレートを表現し、1層ごとに異なる味わいをお楽しみいただけるスペシャルティチョコレート専門店ならではのクリスマスケーキです。

 

 

なめらかな口溶けの2層のムースに香り豊かなガトーショコラ、さらに中央のいちごとフランボワーズの甘酸っぱさがアクセントとして加わり、口いっぱいに口福感が広がります。

 

今年のクリスマスケーキは中央に、ホワイトチョコレートにいちごとフランボワーズのジャムを合わせたガナッシュを使用し、全体の味わいに華やかさが加えられました。またそれぞれの層はカカオ濃度70%以上のチョコレートを使用することで、フィリピン産カカオ豆の特徴であるナッツのようなフレーバーを感じながら、重たさを感じずに楽しめます。各層のチョコレートは以下になっています。

 

(1)板チョコレート(カカオ70%)
シグニチャーである板チョコレートをトップに載せています。カカオ豆からナッツのような芳ばしいフレーバーを引き出した板チョコレートは、深煎りにすることで芳ばしいナッツの香りがありながら、チョコレートらしい甘さも感じる味わいに。Minimalの板チョコレートの特徴であるザクザク食感も楽しめます。

 

(2)ホワイトチョコレートムース
カカオ豆からカカオバターを搾った自家製のホワイトチョコレートを使用。味わいにコクとまろやかさをプラスしています。

 

(3)ビターなチョコレートムース(カカオ80%)
マスコバド糖を使用し、ビターなチョコレート感はしっかり感じつつプラリネのようなナッツ感も感じられる味わいに仕上げています。

 

(4)いちごとフランボワーズのガナッシュ
ホワイトチョコレートに、いちごとフランボワーズのジャムを合わせたガナッシュです。全体の味わいにフルーツの酸味、華やかさをプラスし、また断面も華やかになるよう着色料などは不使用ながらきれいなピンク色に仕上げています。バニラ・シナモン・クローブも使用することで、ほんのりクリスマスらしいスパイス感もプラス。

 

(5)生ガトーショコラ(カカオ70%)
土台としてしっかりと存在感があり全体の味わいに満足感をプラスしつつ、軽やかに仕上げています。

 

Minimalでは、クリスマスケーキとドリンクのペアリングも提案しています。はちみつのように甘味も感じるシャルドネのぶどうジューズと合わせることで、味わい全体が華やかな印象に。スパイスや柑橘系のフルーツが使われるクリスマスティーと合わせるなら、スッキリした味わいを楽しめます。またポートワインとあわせれば、チョコレートのビター感が引き立ち、リッチなチョコレート感が楽しめるとのこと。

 

 

カカオ農家と共につくるチョコレート

クリスマスケーキに使っているフィリピン産カカオ豆の生産者は、2015年に共にカカオ豆の発酵の実験を初めて行った、Minimalと縁ある生産者です。Minimal創業当初から関わりのある思い入れが強い地の豆とのこと。今年はフィリピン産カカオ豆から、クリスマスケーキのために、収穫ロットの中でも、香りが高く甘味とコクがある小振りのファインカカオ豆が選定されたそうです。高品質なカカオ豆を厳選しクリスマスケーキに使用することで、雑味がなく、よりはっきりとカカオ豆のもつナッツのようなフレーバーを感じられるケーキになっています。

 

1種のカカオ豆が織りなす多彩なチョコレートの味わいを堪能する、他にはないクリスマスケーキで、記憶に残る特別なクリスマスにしましょう。

TAG
SHARE ON