デジタル
2018/9/11 17:00

脳波グッズから最新シェアリングまで――欧州の最新スタートアップから学ぶ日本の「ネクスト・トレンド」

今年も世界最大級のエレクトロニクスショー「IFA」がドイツの首都・ベルリンで開催されました。筆者にとっては今年が15回目になるIFA取材。今回は2~3年前から段々と増えてきた欧州のスタートアップ(ベンチャー企業)の面白い製品とサービスを振り返りたいと思います。

 

スタートアップを集めた「IFA NEXT」

IFAでは昨年から欧州のスタートアップを集めた特別展示「IFA NEXT」を開始。初回から好評につき、今年は展示会場の規模を約2倍に勢いよく拡大しました。出展社・来場者の数も昨年からまた一段と増えた印象。いま欧州でも最先端のITテクノロジーを活かしたスタートアップに期待が向けられています。

↑欧州のスタートアップが集結した「IFA NEXT」の会場

 

今年もIFA NEXTにはヨーロッパ人ならではの自由な発想を活かした、一見してワクワクとさせられるような製品・サービスが集まっていました。出展しているスタートアップの各社に「日本で発売する予定は?」と訊ねてみると、すでに取り扱いが決まっていたり、IFAの期間中に日本から足を運んだバイヤーとの商談がまとまりつつあるという前向きな返事もかえってきます。クラウドファンディングなどを使って日本やアジアへの進出を狙う元気なスタートアップにも数多く出会いました。

 

IFA NEXTを主催するメッセ・ベルリンの担当者、ヴォルフガング・トゥンツェ氏によれば「IFAはエレクトロニクスのイベントですが、IFA NEXTは特に出展希望者のカテゴリや製品に縛りを設けているわけではありません」とコメントしています。

↑メッセ・ベルリンでIFA NEXTを担当するヴォルフガング・トゥンツェ氏

 

世界のほかのスタートアップを集めたイベントに比べると、IFA NEXTは通電させて使うエレクトロニクス製品、ハードウェアを展示するスタートアップの割合が多めに見えますが、例えばベルリンがホームグラウンドのスタートアップ「mitte(ミッテ)」のように、沸騰させた水を独自のミネラルカートリッジに通して、「自宅でミネラルウォーターが簡単に作れるサーバー」のようにシンプルなアイデアを活かした製品もあります。デバイスをスマホにBluetoothでペアリングすると、アプリからカートリッジの交換時期がわかる簡単なIoTっぽい機能も搭載しています。欧州ではいま「きれいな水と空気」に関連する家電製品がとても流行っているようで、mitteのブースにも大勢のジャーナリストや一般来場者、バイヤーがひっきりなしに訪れていました。

↑ベルリンのスタートアップ、mitteが開発中のミネラルウォーターが作れるウォーターサーバー

 

“脳波”が次のトレンドに!?

今年のIFA NEXTに集まるスタートアップのブースは、どれもが足を止めると軽く30分ぐらいは話し込んでしまうほど内容の濃いものばかりでしたが、なかでも筆者はふたつの出展に注目しました。それぞれが共通するところは「脳波と連動するデバイス」であるという点です。

 

ひとつはイギリス・ロンドンからやってきたスタートアップ、KOKOON(コクーン)。ブランドと同じ名前の製品「KOKOON」は睡眠をサポートするヘッドバンドです。

↑イギリスのKOKOONが開発する睡眠サポート用のヘッドギア「KOKOON」

 

見た目には思い切りヘッドホンしているのですが、実は音楽を聴くためだけの製品にあらず。ブースのスタッフいわく「KOKOONは音によって入眠の段階から深い眠りを維持するところまで積極的にサポートする製品」であるといいます。イギリスでは眠りの質の改善に人々の期待が高まっているのだとか。

 

ユーザーが心地よく眠れるように、スマホアプリ「Kokoon Audio」にはCognitive Behaviour Therapy(CBT)の理論に基づいて開発されたリラグゼーション効果のある音源が多数収録されています。音楽を聴きながら次第に深い眠り(ディープスリープ)に就くと、ヘッドバンドに搭載されている脳波を測定するための電極、心拍センサーとモーションセンサーがこれを検知。ディープスリープの状態を音楽を聴きながら維持。さらに外の雑音が聞こえにくなるように自動でベストな音源をセレクトしてくれます。

↑イヤーカップの内側に電極を配置。脳波を測定する

 

KOKOONのサイトでは直販がすでにスタートしていて、価格は399ドル(約4.3万円)。売れ行きは好調とのことでした。筆者も展示されていた実機を装着してみましたが、課題はヘッドバンドのサイズがそこそこ大きいこと。これを装着したままベッドや布団で横になるのは少しつらそうです。

 

脳波系のアイテムではもうひとつ、フランスのパリに拠点を置くDREEM(ドリーム)の、こちらも睡眠の質を改善するためのヘッドギア「DREEM」にも注目しました。

↑DREEMの睡眠サポート用ヘッドギア「DREEM」

 

こちらは先ほどのKOKOONよりもぐんとダウンサイジングされていて、着け心地も快適。神経科学のノウハウをベースにして、音を活用しながらユーザーの眠りの質を入眠からディープスリープの状態を維持するところまでサポートするというデバイスです。

 

額と後頭部の箇所に密着するバンドに電極と加速度センサーを搭載して、ユーザーの眠りの状態を解析する仕組みもKOKOONによく似ていますが、音はヘッドバンドに搭載する骨伝導センサーで聴くところがDREEMならでは。スマホアプリには目覚ましのほか、睡眠の状態を改善するためのコーチング機能なども搭載しています。

↑本機は心地よく眠るための音源を骨伝導素子で鳴らして伝えるので、耳を覆わなくても音が聞こえるのが特徴

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON