デジタル
スマートフォン
2018/11/8 21:30

【超速レビュー】もはやSIMが入る高性能カメラ…! ファーウェイ「HUAWEI Mate 20 Pro」で写真を撮りつくしてみた

ファーウェイが10月16日に発表した最新フラッグシップ「HUAWEI Mate 20 Pro」。まだ、日本発売は発表されていませんが、前モデルの「HUAWEI Mate 10 Pro」はSIMフリーモデルが発売されて、さらにソフトバンクからも発売されました。ファーウェイの最高峰モデルなので、日本でも発売されることはまず間違いないでしょう。

 

↑約6.4インチ(3120×1440ドット)の有機ELディスプレイを搭載

 

↑背面にライカ監修のトリプルレンズカメラを搭載

 

ロンドンで開催された発表会を取材した筆者は、その「HUAWEI Mate 20 Pro」をいち早く使わせてもらうことができました。先に言っちゃいますが、カメラがすごいです。

 

初めてライカのダブルレンズを搭載した「P9」にも、AIに対応した「Mate 10 Pro」にも、そして3眼になった「P20 Pro」にも驚かされましたが、今回のMate 20 Proは、それ以上の驚きがありました。例えるなら、初めて一眼レフカメラを買って、レンズを交換しつつ撮影を楽しんだときの気持ちに近いかも。期待以上にイイ感じの写真が撮れて、「僕、写真の腕が上がったかも」と勘違いしちゃうそうな感じです。

 

超広角がスマホカメラの楽しさをスケールアップ!

HUAWEI Mate 20 Proには、ライカ監修のトリプルレンズカメラが搭載されています。今夏に発売されたP20 Proもトリプルカメラでしたが、Mate 20 Proでは、新しいカメラシステムになっています。

 

P20 Proはモノクロ+カラー+3倍ズームという構成でしたが、Mate 20 Proは3つのセンサーはすべてカラー。メインで使われるのは4000万画素の広角カメラで、焦点距離は27mmで絞り値はF1.8。新たに2000万画素の超広角カメラが搭載され、27mmでF2.2。そして、800万画素の望遠カメラは80mmでF2.4。なんと、16mm(約0.6倍)から80mm(約3倍)まで撮れるんです。

 

↑超広角(0.6×)で撮影

 

↑広角(1×)で撮影

 

↑望遠(3×)で撮影

 

デジタル一眼を使っている人でも、超広角レンズを購入する人は少ないのではないかと思います。Mate 20 Proはデジカメでは撮りにくい広い画角の景色を、簡単に撮れるんです。しかも、写真の端に生じがちな歪みも気になりません。この超広角撮影が楽しくて、ロンドン滞在中は、ウルトラワイドな写真を撮りまくってしまいました。自身で気に入っている写真をいくつか披露させてください。

 

↑ピカデリーサーカスという繁華街で撮影。空が極端に青くならず、ナチュラルな色で撮れた

 

↑公園で撮影。逆光でもバランスのよい明るさで撮れた

 

↑レドンホール・マーケットというアーケード街にて。撮りたいものに対して距離が取れない状況で超広角はありがたい

 

↑ロンドンではありがちな街並みを撮っても、奥行き感のある写真になった

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON