デジタル
2018/12/20 20:28

ダイエットにもぴったり! 「フィットネス」に使いたいスマートウォッチ5選

多彩な機能を持ったスマートウォッチ。スマートフォンからの通知の受け取りや、通話、GPS機能などを内蔵した高機能モデルが多数登場しています。GetNavi webでは以前にもビジネスにも使いやすいモデルを紹介しましたが、今回は別の目線からスマートウォッチの魅力に迫ります。

 

その目線とは、ダイエットやフィットネス。スマートウォッチは活動量計としての機能を内蔵しているため、やせたい人や身体づくりに励む人にはもってこいのモデルが多数あるのです。

 

 

スイミングやヨガまで! 多彩なワークアウトに対応するモデルも

ダイエットやフィットネスとひとくくりにしても、様々な方法があります。ランニングがもっともオーソドックスですが、ジムでのトレーニングやスイミング、サイクリング、あるいはヨガもそれに含まれるでしょう。

 

最新のスマートウォッチはそういった様々なワークアウトにまで対応し、心拍数や消費カロリー、運動の強度などを詳細に計測してくれる機種が登場しています。運動を頑張る人にとってはとても頼もしい相棒となるに違いありません。

 

また、歩数や移動距離といったアクティビティログや、睡眠のデータといった健康上のデータも記録してくれるスマートウォッチは、1日の活動を楽しいものに変えてくれます。「今日はどれくらい歩けたかな?」「今日はどれくらいカロリーを燃やせたかな」と1日の終わりに確認することができれば、運動も楽しいものになっていくはずです。

 

今回は、そんな運動のパートナーとなるスマートウォッチ5種を紹介。知名度だけならApple Watchがずば抜けていますが、それ以外にも名品があることをぜひ知ってくださいね。

 

[01]

睡眠の詳細データを記録するリーズナブルな多機能モデル

フィットビット

fitbit charge3

実売価格2万1470円

フィットネスだけでなく、睡眠データも詳細にとることができるスマートウォッチ。睡眠の状態を、レム睡眠、浅い睡眠、深い睡眠に分けて記録してくれるため、自分がどの程度眠れているのか、視覚的に確認することができます。睡眠は運動の成果を最大化するために重要ですから、トレーニングを頑張るあなたにとって非常にありがたい機能でしょう。

 

多種のエクササイズに対応し、ランニング、バイク、スイム、ヨガ、サーキットトレーニングなど、15種類以上のエクササイズモードを装備。目標を設定し、データをリアルタイムチェックできます。

 

そのほかにも、24時間の心拍数、消費カロリー、歩数などの測定、キャッシュレス決済のFitbit payなどの機能を搭載。バッテリーは、最大7日間持続するロングスタミナなので、安心していつもつけていられます。

 

比較的安価ながらも機能が充実しているため、選択に迷った際には無難なチョイスになるであろう1本です。

 

【こんな人におすすめ】

・睡眠の詳細なデータを取りたい方

・コスパと機能を兼備したモデルが欲しい方

 

[02]

形状を自由自在に変化させビジネスにも対応

ソニー

Wena wrist active

実売価格3万3188円

腕時計のヘッド(文字盤を搭載した部分)の付け替えが可能なwenaシリーズのアクティブ向けモデル。本品最大の特徴は、やはりヘッドの取り外しが可能ということでしょう。wenaシリーズの他製品と同様、スマートウォッチの機能がバンド部に集約されているため、この離れ業が可能になっています。普段はシックなヘッドを付けてビジネスモードに、休日は文字盤を外してアクティブモードに、というビジュアルの使い分けができます。

 

機能面では、GPSと心拍センサー、加速度センサーを内蔵し、移動距離や平均速度、歩数、心拍数、睡眠状態の計測ができます。小さいながらも有機ELディスプレイを搭載しており、スマホからの通知を受信可能。電池残量や歩数の確認もこちらから行えます。

 

そのほかには、Felicaを搭載しているため、EdyやiD、dポイントといった電子マネーに対応。45万店での買い物ができます。異色な外見だけでなく、多数の便利機能を内蔵した1本です。

 

【こんな人におすすめ】

・スーツにも合わせやすいアイテムが欲しい方

・電子マネー決済を頻繁に行う方

 

  1. 1
  2. 2
全文表示