デジタル
apple
2019/2/5 18:00

iPadとiPad Pro何が違うの? 買い物前に確認しておきたい5つの「超キホン」

Apple製のタブレットデバイス「iPad」シリーズには、いろんなバリエーションが存在します。「なんとなくiPadが欲しい」 「家族にiPadを買ってあげたい」などと思ったけれど、どれを買えば良いかわからないーー。そんな人も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

本記事では、iPadシリーズの選び方を優しく解説していきます。「知識ゼロの人でもこのくらいわかっておけば安心!」という内容をまとめたので、買い物の前の参考にしてみてください。

 

現行のiPadは5つに分けられる

現在Apple Storeで販売されているiPadには、次の5つの種類が存在します。中古市場などを含めるとさらにバリエーションは豊富になりますが、本記事では触れません。

 

・iPad mini 4(7.9インチ):2015年9月に発売
・iPad 9.7インチ:2018年3月に発売
・iPad Pro 10.5インチ:2017年6月に発売
・iPad Pro 11インチ:2018年11月に発売
・iPad Pro 12.9インチ:2018年11月に発売

 

製品名にもある「インチ」の数字はディスプレイの大きさを表しています。画面が小さい方が端末自体も小さい傾向があるので、持ち運びやすいメリットがあります。例えば、iPad mini 4なら片手で握れます。

 

一方、資料を表示したり、絵を描いたりする場合には、大きい画面の方が適しています。例えば、電子雑誌を読む機会があるなら少なくとも9.7インチ以上のモデルを選ぶとよいでしょう。また、参考の写真を画面端に表示しながら絵を描きたいという場合には12.9インチが適しています。

 

↑「dマガジン」でGetNaviの誌面を表示してみた様子。左からiPhone XS(比較用)とiPad Pro 11インチ、iPad Pro 12.9インチ

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON