デジタル
デジタル周辺機器
2021/6/28 10:00

NECから世界最小クラスのA4カラーレーザープリンターなどが登場

NECは6月28日、企業や教育現場向けで、世界最小クラスをうたうA4カラーレーザープリンター「Color MultiWriter 4C150」と、A4カラー複合機「Color MultiWriter 4F150」を発表。Color MultiWriter 4C150は7月2日出荷開始で希望小売価格は10万9780円(税込)、Color MultiWriter 4F150は9月9日出荷で希望小売価格は15万3780円(税込)です。

 

NECによると、病院の受け付けやドラッグストア、小さい店舗などで、小型プリンターへのニーズが強くあったとのこと。このようなニーズの中で、徹底的に小型化を目指したのが、Color MultiWriter 4C150とColor MultiWriter 4F150としています。

 

本体は、新エンジンの搭載やドラムカートリッジの4色一体化などにより、小型・軽量化を実現。Color MultiWriter 4C150は本体サイズ幅410×奥行き430×高さ255㎜/重量約17.4kg、Color MultiWriter 4F150は、本体サイズ幅410×奥行き430×高さ366 ㎜/重量約21.2 ㎏の、世界最小クラスのボディに仕上がっています。

 

↑新開発のドラムカートリッジ

 

また、Color MultiWriter 4C150は従来モデル「Color MultiWriter 5800C」に比べて、印刷速度は最大35%高速化。片面で1分あたり31ページの連続印刷が可能です。

 

↑Color MultiWriter 4C150

 

このほかColor MultiWriter 4C150の主なスペックは、ファーストプリントはモノクロが10秒/カラーが11秒、最大給紙容量は約550枚。また、購入時の初期トナーの量が増量しており、モノクロで約2500ページ、カラーで約1500ページの印刷が可能です。

 

一方のColor MultiWriter 4F150は、従来モデル「Color MultiWriter 400F」に比べて、原稿読み取り速度が最大57%高速化。カラースキャン時で1分あたり22ページスキャンできます。

 

↑Color MultiWriter 4F150

 

このほかColor MultiWriter 4F150の主なスペックは、ファーストコピーはモノクロが9.5秒/カラーが12秒、最大給紙容量は約550枚です。なお、こちらも購入時の初期トナーの量が増量しており、モノクロで約2500ページ、カラーで約1500ページの印刷が可能。

 

NECは、これらの製品によって、省スペース性が求められる店舗のバックヤード、オフィススペースの縮小を図る企業、学校の教室内など、限られたスペースの中で日常的に大量の高速印刷やスキャンを必要とする現場における業務効率化を支援するとしています。

TAG
SHARE ON