デジタル
スマートフォン
2021/9/30 10:00

ソニーのプレミアムスマホ「Xperia 5 III」が登場、高いカメラ機能がコンパクトなボディに搭載

ソニーは9月30日、ハイエンドに位置付けられるプレミアムスマホ「Xperia 5 III」を発表しました。発売は11月中旬以降を予定しています。

 

Xperia 5 IIIは、フラッグシップモデル「Xperia 1 III」と同等のカメラ機能やバッテリーを搭載しながら、サイズは157×68×8.2mmとコンパクトに、重量は約168gと、より軽量になったモデルです。

 

カメラは、超広角16mm、広角24mm、70mmと105mmの可変式望遠という構成。画素数はいずれのレンズも12MPとなっています。また、子どもやペットの瞳からフォーカスを外さない「リアルタイム瞳AF」や、動く被写体をタップするとその被写体を捉え続ける「オブジェクトトラッキング」、最高で20コマのAF/AE追従高速連写などの撮影機能を備えています。

 

↑オブジェクトトラッキングのイメージ

 

Xperia 1 IIIとの違いとしては、Xperia 1 IIIには暗い場所での高速・高精度AFに有利な「3D iToFセンサー」と、動いている被写体のAFをより逃がしにくい「リアルタイムトラッキング」が搭載されている点です。ソニーによると、それ以外のカメラ性能は基本的に同じとしています。

 

オーディオ面においては、さまざまな音源をハイレゾ相当にアップスケールする「DSEE Ultimate」や、独自の360度立体音響技術「360 Reality Audio」など、こちらもXperia 1 IIIでおなじみの高音質、立体音響技術が搭載。さらに、有線ヘッドホンを使用すると、前モデルの「Xperia 5 II」に比べて音圧が最大40%向上しているそうです。

 

このほか、プロゲーミングチーム「SCARZ」と共同で開発したゲーミング機能などを搭載。ゲーム機能も強化しているとのこと。

 

スペックは、CPUがSnapdragon 888、メモリーが8GB、ストレージが128GB。またディスプレイは有機ELパネルを採用し、サイズは6.1型です。さらに、比率は21:9のほか、解像度はフルHDとなっています。

 

このほか、バッテリー容量は約4500mAhで、3年経っても劣化しにくいバッテリーを搭載。

 

なお、カラバリは、フロストブラック/フロストシルバー/グリーン/ピンクをそろえています。

TAG
SHARE ON