デジタル
スマートフォン
2022/4/13 14:30

「Pixel 6a」が登場間近か!? FCC登録やベンチマークに痕跡見つかる

米グーグルの次期廉価スマートフォン「Pixel 6a(仮称)」の登場が近づいていることを予感させるFCC(連邦通信委員会)やベンチマークスコアへの登録が、海外メディアにて報告されています。

↑ Pixel 6aがまもなく明らかになりそう(画像はPixel 6)

 

Pixel 6aは、これまでの「Pixel Xa(Xはモデルナンバー)」シリーズと同じく廉価なスマートフォンとして、5月11日から開催される開発者会議「Google I/O」での発表が予測されています。またプロセッサには、既存のハイエンドスマートフォン「Pixel 6」と同じ「Tensor」 が搭載される見込み。

 

今回発見されたFCCへの登録では、「A4RGB62Z」「A4RG1AZG」「A4RGX7AS」の3モデルが確認されており、これらは使用する電波の周波数が極めて類似していることから、いずれもPixel 6aであると言われています。

 

さらにベンチマークアプリの「Geekbench」にも、Pixel 6aらしきスマートフォンの登録が登場。そのスコアはPixel 6とほぼ変わらず、このことからもPixel 6aにはTensorプロセッサが搭載されることが指摘されているのです。

 

Pixel 6aに関してはすでに予測レンダリング画像も登場しており、Pixel 6と同じく特徴的な背面カメラ突起などのデザインが採用される模様。カメラスペックなどに違いはあるでしょうが、最新プロセッサを搭載した新型スマートフォンが廉価に投入されれば、人気を集めるかもしれません。

 

Source: MySmartPrice, Android Police

TAG
SHARE ON