デジタル
通信機器
2022/6/20 19:45

通信がより快適に? Googleの次期Nest WifiはWi-Fi 6/6Eに対応か

米GoogleのメッシュWi-Fiルーター「Nest Wifi」の次期モデルに、最新Wi-Fi規格の「Wi-Fi 6(あるいはWi-Fi 6E)」が採用されるとの情報を、海外テックサイトの9to5Googleが伝えています。

 

GoogleのメッシュWi-Fiルーターとしては2016年に「Google Wifi」が、そして2019年には「Nest Wifi」が登場。Nest Wifiではルーターと拡張ポイントを連携させることで、部屋の隅々にまでWi-Fiの電波を届かせることが可能です。さらに、Nest Wifiの拡張ポイントは「Google アシスタント」を利用することもできます。

 

9to5Googleが伝える情報によると、次期Nest Wifiでは初代Google Wifiとおなじく、複数のルーターを必要な数だけ連携させる、よりシンプルな設計になるとのこと。なお、Google アシスタントが利用できるかどうかは不明です。

 

また、次期Nest WifiがWi-Fi 6に対応することで、さらなる通信速度の向上(最大9.6Gbps)や、Wi-Fi接続の安定、省電力化が期待できます。さらに、Wi-Fi 6Eへと対応する場合には、従来の2.4GHz/5GHz帯だけでなく、6GHz帯に対応することで、より快適な通信が可能になるはずです。

 

9to5Googleによれば、次期Nest Wifiは複数のカラーバリエーションが用意され、今年秋の「Pixel 7(仮称)」と同時に発表される可能性があるとのこと。通信速度も安定性も向上した、次期Wi-Fiメッシュルーターの登場に期待したいものです。

 

Source: 9to5Google

TAG
SHARE ON