デジタル
アプリ
2022/7/4 19:00

グーグル、中絶クリニックの訪問履歴を自動削除へ

米グーグルはブログにて、ユーザーが中絶クリニックを訪問した履歴を自動削除する機能の追加を発表しました。

↑Sundry Photography/Shutterstock.com

 

このような動きは、6月24日に米連邦最高裁判所が人工妊娠中絶について、「憲法で認められた女性の権利」という判断を覆し、各州の権限に判断を委ねるとしたことが背景にあります。すでにバイデン米大統領がこの判断に反対の声をあげるなど、この問題はアメリカで大きな話題となっています。

 

そしてグーグルが公開したブログによれば、同社のデバイスを持って訪れた場所が保存される「ロケーション履歴」にて、データを個別、または一括で削除したり、あるいは指定した期間(3か月/18か月/36か月)ごとに自動削除するように設定できるようになります。なお、ロケーション履歴は標準設定ではオフとなっている機能です。

 

さらに今後数週間のうちに、グーグルはユーザーが「特にパーソナルな医療施設」を訪れたことを特定し、このようなロケーション履歴を訪問後すぐに消去する予定です。これには中絶クリニックだけでなく、カウンセリングセンター、DV(ドメスティックバイオレンス)シェルター、不妊治療センター、薬物中毒治療施設、ダイエットクリニック、美容整形クリニックなどが含まれます。

 

またグーグル傘下のヘルスケアブランドことFitbitのアプリでは、生理記録を1個づつではなく、まとめて削除するできるようになります。そしてGoogle FitとFitbitでは、個人情報を変更・削除する設定とツールが提供されます。

 

中絶関連を含むプライバシー情報を守るために、グーグルが新たな機能を追加すると発表したのは、ユーザーにとっては好ましいことです。一方で、アメリカ社会が女性の中絶に関する権利をどのように取り扱うことになるのは、今後を見守る必要がありそうです。

 

Source: グーグル via 9to5Google

TAG
SHARE ON