デジタル
スマートフォン
2022/7/26 18:30

OnePlusの次期スマホ、ハッセルブラッドとのコラボはやめちゃうの?

中国OnePlusは8月3日(現地時間)にイベント開催し、次期フラッグシップスマートフォン「OnePlus 10T」を発表することを明かしました。

↑OnePlusより

 

高いコストパフォーマンスで海外にて人気の、OnePlusのスマートフォン。最近ではカメラブランド「ハッセルブラッド」とのコラボレーションにより、カメラ性能の向上にも力を入れていました。なお、日本でのスマートフォン発売を予定している英Nothingを率いるカール・ペイ氏は、OnePlusの共同創業者でもあります。

 

OnePlusによれば、OnePlus 10Tは米クアルコムの「Snapdragon 8+ Gen 1」プロセッサを搭載するハイエンドスマートフォンとなり、新OSの「OxygenOS 13」を搭載する予定です。また、イベント案内で発表された画像の明るさを調整すると、背面には3~4個のカメラを搭載していることがわかります。

 

一方で海外テックメディアのThe Vergeが公開したOnePlus 10Tのものとされる画像をみると、そこにはハッセルブラッドのカメラシステムのロゴが存在せず、また同社のスマートフォンで特徴的だったアラート/ミュートスライダーも搭載されていないことがわかります。OnePlusのリュー氏はハッセルブラッドカメラの非搭載について、「あるべき価格設定にてハイエンドスマートフォンを投入するため」だと、The Vergeに説明しているのです。

↑OnePlusより

 

別のリーク情報によれば、OnePlus 10Tでは150Wの高速充電機能が搭載される可能性も示唆されています。またOnePlusのリュー氏は、OnePlus 10Tには6.7インチディスプレイや5000万画素カメラが搭載され、グリーンとマットブラックのカラーリングが用意されることも伝えています。カメラブランドとのコラボを失ったOnePlusの次期ハイエンドスマートフォンは、はたして消費者に受け入れられることになるのでしょうか。

 

Source: OnePlus via The Verge 1, 2

TAG
SHARE ON