デジタル
2022/8/3 19:30

新型Nest? グーグルが「謎のワイヤレスデバイス」を開発中

米グーグルが謎の「ワイヤレスデバイス」をFCC(連邦通信委員会)に申請していたことが、海外報道により判明しています。これは、未発表のNest製品となる可能性も指摘されています。

↑Vantage_DS/Shutterstock.comより

 

グーグルのNestブランドこと「Google Nest」は、スマート機能を搭載したスピーカーやディスプレイ、ストリーミングデバイス、サーモスタット、ルーター、ドアベル、カメラなどを幅広く展開しています。もともとは2010年に設立されたスマートホーム製品を開発する「Nest Labs」を、グーグルが買収し自社ブランドとしたのが始まりです。

 

今回グーグルがFCCに申請したデバイス「G28DR」は、“ワイヤレスデバイス”という一般的な名前で登録されました。資料によれば、BluetoothとWi-Fi(Wi-Fi 5の5GHz帯を含む)が利用可能な一方、NFCやUWB(超帯域通信)には非対応。また、3.65Vのバッテリーを搭載することも判明しています。

 

申請ではテストのために、G28DRがノートパソコンにUSB接続されていました。このことから、同デバイスはUSB経由での充電が可能であることが想像されます。あるいは、デバッグ用の隠しUSBポートである可能性もあります。

 

現時点では、このG28DRがどのような製品であるのかを想像するのは難しくなっています。ただしワイヤレス接続機能やバッテリーを搭載していることから、これは新たなNest製品ではないかと指摘されています。具体的には、新型のスマートスピーカーやカメラ、あるいはサーモスタットなどが該当するのかもしれません。

 

グーグルの申請によれば、G28DRの本体写真やマニュアルは来年1月中までは非公開となっています。このことから、製品は今年後半には正式発表されることになりそうです。

 

Source: 9to5Google

TAG
SHARE ON