デジタル
デジタル周辺機器
2022/8/23 19:00

性能アップ! Chromecast with Google TVがついにアプデへ

米グーグルはストリーミングデバイス「Chromecast with Google TV」や「Google TV」へのアップデートを発表し、パフォーマンスの向上や内蔵ストレージの自動整理機能の追加などを発表しています。

↑CoinUp/Shutterstock.com

 

Chromecast with Google TVは2020年に登場した製品で、テレビのHDMIポートに接続することでさまざまな動画/音楽ストリーミングサービスを楽しむことができます。一方で、その製品/ソフトウェアのアップデートを待つ声は、以前から存在していました。

 

グーグルにより発表されたアップデートでは、まず以前から問題となっていたChromecast with Google TVのストレージの小ささに対処しようとしています。同製品は8GBのストレージしか搭載しておらず、そのうち実際に利用できるのはわずか4GB。これにより、アプリのインストールに支障が出ることもありました。また、ホームスクリーンでのパフォーマンスの低さも問題でした。

 

一方でChromecast with Google TVのアップデートでは、自動的に内蔵ストレージを整理し、空き容量を増やす仕組みが追加されます。

 

さらにCPUの最適化とキャッシュ管理の改善により、ホームスクリーンのパフォーマンスも向上。「For You」「Live」タブが今後より速くロードされるようになり、キッズプロファイルへの切り替え速度も改善されるようです。

 

現時点では、これらのアップデートがいつ配信されるのかは明かされていません。新製品の投入も噂されるChromecastですが、いずれにせよソフトウェアアップデートの配信はユーザーにとって嬉しいかぎりです。

 

Source: グーグル via 9to5Google

TAG
SHARE ON