デジタル
Apple
2023/1/20 11:45

iPhone 16 Proでは高倍率な光学ズームがさらに身近になりそう

Apple(アップル)からの来年の投入が期待される「iPhone 16 Pro」シリーズにて、全機種で高倍率なペリスコープレンズが搭載されるとの情報を、韓国ニュースサイトのThe Elecが伝えています。

↑NDQ / Shutterstock.comより

 

iPhone 15シリーズでは、最上位モデルの「iPhone 15 Pro Max」にてペリスコープレンズの望遠カメラが搭載されることが、以前から報告されていました。またiPhone 15 Proシリーズではソニー製の新型イメージセンサーの搭載も予測されています。

 

The Elecによれば、iPhone 15 Pro Maxに搭載されるペリスコープレンズは「Folded Zoom」と呼ばれ、高倍率なズーム撮影を可能にします。Appleはこのペリスコープレンズに使用されるOIS(光学手ブレ補正)アクチュエーターについて新たなサプライヤーを探しており、日本メーカーから韓国メーカーに供給元が切り替わる可能性があるとのこと。

 

そしてiPhone 16では「Pro Max」だけでなく「Pro」モデルにも、Folded Zoomが導入されるというのです。なおiPhone 15でProとPro Maxの差別化が図られる理由は、「iPhone 14 Pro Max」の販売が好調だったこともあるようです。

 

ハイエンドなAndroidスマートフォンではすでに一般的になっている、ペリスコープレンズによる高倍率な光学ズーム機能。今年から来年にかけて、iPhoneの望遠撮影機能も大きく進化することになりそうです。

 

Source: The Elec

TAG
SHARE ON