デジタル
アプリ
2016/11/26 14:00

実はパソコンでもLINEは利用できる! インストール方法から使い方の基本まで【Mac編】

「LINE」アプリはパソコンでも使用できるということをご存知でしょうか。長めの文章をキーボードでサクサク打ちたいときや、パソコン内の画像データを送りたいときなどに便利です。今回はMacパソコンでの利用方法をご紹介します(Windows編はコチラ)。Macでは、「App Store」からアプリをインストールすることで、「LINE」を使えます。

 

LINEをMacにインストールする

LINEをインストールするには、まずApp Storeを起動する必要があります。

20161125_y-koba_LINE_001_R
↑App Storeを起動し、LINEの購入画面を開き「入手」をクリック

 

20161125_y-koba_LINE_002_R
↑インストールが完了したら、「開く」をクリック。もしくはホーム画面上にあるLINEのアイコンをクリックします

 

LINEにログインする

アプリのインストールが完了したら、MacでLINEが使えるよう設定していきます。途中、スマホでLINEを起動する手順があるので、あらかじめスマホの準備をしておきましょう。

20161125_y-koba_LINE_003_R
↑LINEにあらかじめ登録しているアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリック

 

20161125_y-koba_LINE_004_R
↑パソコンにログインするための認証番号が表示されます

 

認証番号が表示されたら、スマホでLINEを起動しましょう。

20161125_y-koba_LINE_005_R
↑スマホでLINEを起動すると、本人確認画面が表示されます。認証番号を入力し、「本人確認」をタップ

 

これで、MacでLINEを使えるようになりました。

 

LINEでメッセージのやり取りをする

MacでLINEアプリを起動すると、スマホと同じような画面が表示されます。

20161125_y-koba_LINE_006_R
↑LINEアプリを起動し、メッセージを送りたい「友だち」の名前をクリック

 

フキダシのアイコンをクリックしてもトークを開始できます。

20161125_y-koba_LINE_007_R
↑トーク画面が表示されます。セキュリティを高める「Letter Sealing」機能について表示された場合は、画面下の「本人確認」をクリック

 

20161125_y-koba_LINE_008_R
↑認証番号が表示されます

 

ここで再度スマホを取り出し、LINEを起動しましょう。本人確認画面が表示されます。

20161125_y-koba_LINE_009_R
↑6桁の認証番号を入力し、「OK」をタップ

 

これで、MacからLINEのメッセージを入力できるようになりました

20161125_y-koba_LINE_010_R
↑メッセージを入力したら、Enterキーを押します。スマホアプリと同じようにメッセージがトーク画面上に表示されます

 

以上がMacでのLINEの利用方法になります。パソコンで作業中もスマホを取り出さずやりとりができるのでとても便利です。ぜひ一度お試しください。

TAG
SHARE ON