エンタメ
2016/3/1 20:30

【上司・後輩・親戚・友人誰でもOK】お宅訪問プレゼントに最高の絵本3選

アラフォー世代になると、親戚や友人、部下に子どもができたり、上司に初孫が誕生したりと、小さなお子さんのいる家庭を訪れる機会も増えるもの。そんなとき、ちょっとした手みやげに加えて、お子さんのための絵本も添えれば印象もアップ。プレゼントに最適で、その場の話題にもなる絵本を紹介します。

ミニサイズのなかに仕掛けたっぷりで飽きない!

0510

とびだす!うごく!」シリーズ (524円+税)
絵/わらべ きみか
出版社:小学館

 

「とびだす!うごく!」シリーズは、8cm×9cmというミニサイズながら、各ページ工夫を凝らした仕掛けが満載の絵本です。ちょっとしたお出かけに持って行くのにちょうどいいサイズ感がウケています。「どうぶつ」「たべもの」「すいぞくかん」「のりもの」「むし」「サーカス」と、ラインナップも豊富で、飽きないのもポイントですね。

004

↑「とびだす!うごく!れっしゃ」

 

【ココがオススメ】
価格が手ごろでダブっても大丈夫!

 

値段も手ごろなので、何冊かセットにすれば先方の本とダブる心配も少ないですし、たとえダブっても、壊れてしまいがちなミニサイズの仕掛け絵本はストックとして喜んでもらえるというメリットもあります。対象年齢は1~3歳くらいまででしょうか。あまり大げさではない、さりげない手みやげにピッタリです。

1億冊の超ベストセラー絵本作家のぬり絵が楽しめる

002

わたしだけのはらぺこあおむし」(定価1080円)
作/エリック・カール
訳/もりひさし
出版社:偕成社

 

「はらぺこあおむし」は、世界累計部数が1億部を超える人気絵本作家エリック・カールの代表作です。誰もが一度は見たことのある絵本だと思いますが、この「わたしだけの~」は、真っ白なままのぬりえ絵本。自分で好きな色をつけて、世界に一冊だけの「はらぺこあおむし」を作れます。

 

【ココがオススメ】
天然素材のクレヨンと一緒にプレゼントすればより効果的

 

ぬりえ絵本ですので、すでに先方が持っていたとしても無駄にならないプレゼント向きのアイテムです。絵本だけを1冊持っていくのはちょっと味気ないという場合は、米ぬかや蜜ろうなどの天然素材で作られた、口に入れても安心なクレヨンと組み合わせるのもいいかも。単純に物を贈るのではなく、親子で遊べる体験をプレゼントするという気持ちで選べば、後日、話題も膨らみます。

芸術品のように美しくインテリアにも使えてしまう

不思議の国のアリス表紙

不思議の国のアリス」(定価4320円)
作/ロバート・サブダ
原作/ルイス・キャロル
訳/わくはじめ
出版社:大日本絵画

 

値段的にも上記の2冊はカジュアルな手みやげに向いていますが、もう少ししっかりしたプレゼント絵本を探している方には、仕掛け絵本の魔術師ロバート・サブダの作品がオススメです。

不思議の国のアリス見開き

【ココがオススメ】

華やかな仕掛けは大人も楽しめる

 

「不思議の国のアリス」は、日本でもサブダの名を知らしめた代表作。精巧な構造と躍動感あるポップアップは、大人でもページをめくるたび感嘆の声を上げてしまうほど。一種の芸術品といえる作品です。サブダの絵本に限らず外国製の質の高い仕掛け絵本は華やかなので、ページを開いてインテリアとして飾ってもらうこともできます。

絵本プレゼントには注意すべき点がある

物語性の強い絵本は、お子さんの年齢と合わない場合もありますし、読み聞かせたい内容にこだわりのある親御さんもいらっしゃるため、プレゼントには少し注意が必要です。その点、パラパラと開くだけで楽しい仕掛け絵本なら、大人から子どもまでその場に居合わせた一同で盛り上がれることうけあい。ネット通販などで手に入る海外版は、日本語版より安いケースもあり、英語にも親しめるため海外版を贈るというのもいいですね。

TAG
SHARE ON