エンタメ
2019/3/19 20:45

横浜の新定番スポットなるか!? 話題のエンタメ施設「アソビル」に行ってみた

3月15日より、横浜駅東口から直結する新たなエンターテインメント施設「アソビル」がプレオープン(グランドオープンは4月5日)。いったいどんなところなのか、早速メディア向けの内覧会に参加してきました。

 

郵便局の別館をリニューアルしてエンタメビルに

アソビルは、横浜駅東口にある横浜中央郵便局の真裏にある地上4階・地下1階のビルです。元々郵便局の別館として使われていましたが、ビル内を整理し、テナントを募集することになりました。そこでライブエンターテインメント事業を展開するアカツキライブエンターテインメントが「アソビル」としてリニューアルオープンを手掛けることに。いわゆる、昨年設立された日本郵政不動産による事業の一環というわけです。

↑中央郵便局の真裏にアソビルはあります。郵便局側ではなく、南口の連絡通路から入ります

 

↑プレス発表会に登壇した面々。左からアカツキライブエンターテインメント 代表取締役CEO 香田哲朗氏、神奈川県議会議員 加藤元弥氏、崎陽軒 専務取締役 野並 晃氏、アカツキライブエンターテインメント 代表取締役CPO 小林 肇氏

 

アソビルは1階が飲食フロアのグルメストリート「POST STREET」、2階が常設体験イベントフロア「ALE-BOX」、3階がハンドメイド体験フロア「MONOTORY」、4階がキッズパーク「Puchu!」、屋上がマルチスポーツコート、地下1階がアミューズメントバー「PITCH CLUB」となっています。

 

フロアごとに担当のプロデューサーがおり、ひとつのアミューズメント施設ながら、全く違った趣のある内容です。ちなみに、4階のPuchu!は5月オープン予定で、3月15日のプレオープン時点では工事中となっていました。

 

【2階】「うんこミュージアム」など個性が光るエンタメ体験

アソビルのイチオシ施設は、なんといっても2階のALE-BOX。すでにSNSで話題沸騰中の、面白法人カヤックが共同企画した「うんこミュージアムYOKOHAMA」もこのフロアにあります。そこかしこにうんこが展示してあり、何はともあれ一度は体験すべき施設です。

↑アソビルのメインコンテンツである「うんこミュージアムYOKOHAMA」。さまざまなうんこオブジェが飾られ、うんこを題材にしたゲームなども楽しめます

 

↑ミュージアムを抜けるとショップが待ち構えています。さまざまなうんこグッズを取り揃えています

 

そのほか同フロアでは、リアル脱出ゲームや絵本作家 西野亮廣氏の「えんとつ町のプペル」の世界を楽しめる「えんとつ町のプペル VR」、ショートフィルムギャラリー「THE STORY HOTEL」などを体験できます。それぞれにチケットが必要なうえ、施設によっては事前予約も必要なので要チェックです。

↑えんとつ町のプペルの360度動画を楽しめる「えんとつ町のプペル VR」。約15分の映像が流れます。VRならではの高さや奥行き感、浮遊感を味わえます

 

↑最新の脱出ゲーム「Escape from The nine ROOMS」を体験してきました。9つの部屋の謎を時間内に解き、次の部屋へ進みます。回答は手渡されたタブレットを使います

 

↑時間内に脱出できないとゲームオーバーです。有料でコンティニューすることもできます。1回コンティニューし、10分延長しましたが、7つ目の部屋でゲームオーバーに。複数人数でプレイした方が謎も解きやすい感じでした

 

【3階】陶芸から食品サンプル作りまで、さまざまなワークショップを開催

3階「MONOTORY」では、さまざまなワークショップを体験できます。陶芸体験であったり、キャンドルや食品サンプル、フラワーゼリーのハンドメイド体験など多種多様です。さらに一風変わったフラワーショップや書店などもあり、なんともアーティスティックな雰囲気。さらに、クラウドファンディングでお馴染みの「makuake」の商品も販売しています。

↑陶芸体験では、轆轤(ろくろ)を回して茶碗などを作ります。奥の部屋には電気釜が用意され、陶器を焼くことも可能。できあがりには3週間ほどかかるとのこと

 

↑こちらはフラワーゼリーの体験の様子。透明なゼリーに注射器で色の付いたゼリーを流し込み、花を咲かせます。もちろん、完成品は食べられます

 

↑いまやアクセサリーやオブジェとしても人気の食品サンプル。これも作ることができてしまいます

 

↑クラウドファンディングのMakuakeで作られた商品の数々を展示
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON