エンタメ
映画
2019/5/29 16:00

新海誠監督 最新作『天気の子』の最新映像と“晴ポスター”解禁!本田翼がやっぱりかわいい

今、世界から最も注目を集めるアニメーション監督・新海誠。叙情的な男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉で紡ぎ出す“新海ワールド”は、国内外で高い評価と支持を受けています。前作『君の名は。』から3年ぶりとなる待望の最新作『天気の子』は2019年7月19日(金)より全国にて公開されます。

 

天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語が描かれています。音楽は、『君の名は。』で2017年日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞し、その再タッグに熱い視線が集まるRADWIMPS。今作では、圧倒的な存在感を放つ歌声で、作品に新たな風を吹き込む新進気鋭の女性ボーカリスト三浦透子も参加し、「愛にできることはまだあるかい」を含む主題歌となるボーカル楽曲5曲と、27曲の劇伴が作品に彩りを添えています。

 

 

 

約2000人が参加したオーディションでその役を射止めた、醍醐虎汰朗(主人公・帆高)と森七菜(ヒロイン・陽菜)の大抜擢コンビも話題沸騰中ですが、この度、『天気の子』に新たに参加する豪華キャスト陣が解禁となりました!

 

 

『ゴジラVSコング(仮)』(2020年公開予定)でハリウッド進出が決定した、日本映画界を牽引する実力派俳優・小栗旬。これまでも『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』や『映画 妖怪ウォッチFOREVER FRIENDS』など数々の作品で声を担当してきたが、本作では小さな編集プロダクションを営み、東京行きのフェリーで出会った帆高を住み込みで雇うライター・須賀圭介を演じます。また、現在放送中のCX月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演中で、最近ではYouTubeでのゲーム実況も話題の、多岐にわたるジャンルで幅広い活躍を見せる女優・本田翼が、須賀の事務所で働き、持ち前の好奇心と探求心で取材に奔走する女子大生・夏美役として参加します。さらに、邦画史に刻まれた数々の名作に出演する大女優・倍賞千恵子が、『ハウルの動く城』のソフィー役以来の声優に挑戦し、帆高と陽菜にある頼みごとをする老婦人・冨美役で出演します。他に、陽菜の小学生の弟・天野凪役に、ミュージカル『ピーターパン』で10代目ピーターパンを演じる若手女優・吉柳咲良、都内で起きた事件を追って須賀の事務所を訪れる老刑事・安井役に俳優・平泉成、安井の相棒で、捜査のために帆高たちの前に現れる刑事・高井役に大人気声優・梶裕貴が決定しました。

 

また、120秒の最新映像・予報②も解禁!既に発表された主題歌の1曲「愛にできることはまだあるかい」に加え、新たに主題歌「グランドエスケープ(Movie edit)feat.三浦透子」が初解禁となりました。その映像美はもちろんのこと、RADWIMPSの夏らしい軽快な音楽に、三浦透子の神秘的で透明感のある声が美しく響き、まさに新海監督が語る「『天気の子』は、RADWIMPSの音楽、透子さんの歌声、醍醐くんや七菜ちゃん、小栗さんや翼さんたちの声、そして雨音、さまざまな音に満ちた映画です。」という言葉通り、全ての音が心地良く調和した本映像です。さらに、新ビジュアル(「晴(はれ)ポスター」)も解禁。雨が止む一瞬、眩しい日射しが差し込んだ“お天気雨”を描いた、まさに“新海ワールド”といえるような美しい1枚となっています。

『天気の子』最新映像・予報②(120秒)

 

 

 

 

■新海誠監督
コメント
人間がどうしても取り繕えないものが、声だと思います。喋る内容はもちろん、声質、息づかい、言い淀み、語尾、すべてにその人そのものが避けようもなく滲み出てしまう。須賀役を小栗さんに、夏美役を翼さんにお願いしたのは、だからです。彼らの声がキャラクターにはっきりとした血肉と心を与えてくれているアフレコの過程を、わくわくしながら楽しんでいます。『天気の子』はRADWIMPSの音楽、透子さんの歌声、醍醐くんや七菜ちゃん、小栗さんや翼さんたちの声、そして雨音、さまざまな音に満ちた映画です。劇場でその音に身を浸していただけるように、スタッフ全員で今も制作に奮闘しています。楽しみにお待ちいただけますように。

 

■小栗旬:須賀圭介 役
役どころ
小さな編集プロダクションを営むライター。東京行きのフェリーで出会った帆高を住み込みで雇う。
コメント
『天気の子』に参加できること、とても光栄です。新海監督の作品は、美しい色彩の世界観はもちろん、普段僕たちが見ているような風景や、手にするようなアイテムが作品を彩っていて、そこに生きる人間たちの物語が、自分に近いものに感じられるのが凄いところ。前作の『君の名は。』も大好きで、映画館で号泣しました(笑)。今回の『天気の子』はすごくストレートな話で、そこが魅力だと思います。“須賀圭介”という役は、そのままで演じられるような、僕の等身大にとても近いキャラクターで、彼には共感できる部分がいっぱいあるので、この出会いはとても嬉しいです。『天気の子』、期待を裏切らない素敵な作品なので、ぜひ楽しみにしていて欲しいです。

 

■本田翼:夏美 役
役どころ
須賀の事務所で働く女子大生。持ち前の好奇心と探求心で取材に奔走する。愛車はカブ。
コメント
3年前『君の名は。』が起こした社会現象を作り上げた新海監督の最新作に参加させて頂きとても光栄です。新海作品で描かれている風景の色彩が本当に美しく、私が普段見ている日常の景色が監督にはどんな風に見えているのだろうと以前から思っていました。今回『天気の子』でも、新宿の街、高層ビルから見えるこの空を監督がどう描かれるのか、観客としてもとても楽しみです。そして私が演じさせていただく“夏美”についても生き生きとした女の子にしていきたいと思っています。『天気の子』は、まだ完成前ですが既に心に響く物語です。ここからさらに私たちの声の力でこの作品を盛り上げられたらと思います。

 

■倍賞千恵子:冨美 役
役どころ 下町に住む老婦人。帆高と陽菜にある頼みごとをする。

■吉柳咲良:天野 凪 役
役どころ 陽菜の弟。小学生だが大人びた言動で、女子たちに人気。

■平泉 成:安井 役
役どころ 老刑事。都内で起きた事件を追い、須賀の事務所を訪れる。

■梶 裕貴:高井 役
役どころ 安井の相棒。捜査のために帆高たちの前に現れる。

 

 

■STORY
「あの光の中に、行ってみたかった」高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業でした。彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会います。ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。彼女には、不思議な能力がありました。「ねぇ、今から晴れるよ」少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力でした――

 

■作品概要
作品名:『天気の子』
原作・脚本・監督:新海誠
音楽:RADWIMPS
声の出演:醍醐虎汰朗 森七菜
本田翼 / 吉柳咲良 平泉成 梶裕貴
倍賞千恵子 / 小栗旬
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村篤
美術監督:滝口比呂志
製作:「天気の子」製作委員会
制作プロデュース:STORY inc.
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
配給:東宝
公開日: 2019年7月19日(金) 全国東宝系公開

 

 

©2019「天気の子」製作委員会

TAG
SHARE ON