ファッション
2019/9/9 21:00

巷で見かけるファン付きJKTって、どんな感じ!? 「ミズノ エアリージャケット半袖」は猛暑対策の決定版だった!

 

 

この夏、工事現場の職人さんで結構見かけたんですよね、背中にファンが付いたアウターを着ている方を。数年前にはホント、たま~にしか見かけませんでしたが、今年はやたらと目に入って来ます。ワタクシ本間的には数年前に初めて目撃した時は、その空気が詰まったようなボリューミーな雰囲気から“こんなに暑い真夏なのに、まさかダウンJKT!?”って思ってしまいましたね。

 

だけど後にそれが、外から空気をアウター内に空気を送り込むファン付きジャケットと知りまして、これはお試さない手はありませんよね! ってことで、実際にお試ししてみました!

 

↑写真ではバッテリーをショーツのポケットに入れていますが、実際にはジャケット内に収納ポケットが付きます

 

今回お試ししたのがコレ! ミズノの「エアリージャケット半袖」です! こちらはファンから取り込んだ空気が首の前後、腕から抜けるパターン設計で、体温が上がると汗をかき、蒸発する際の気化熱で体温を下げるメカニズムを利用したファン付ウエアです。あまり作業着っぽくないシンプルなデザインもポイントですね! ちなみに2018年にワークウエアとして長袖を発売し、それをライフスタイル向けに開発したのが今回のエアリージャケット半袖となります。

 

 

想像以上にス~ス~してます!

ファンは背面の左右に1つずつ配されていて、外気を内部にガンガン取り込みます。裏側にはバッテリーポケットが2つ設けられているので、そこにバッテリーの収納が可能です。

 

動的機能裁断・機能素材選定など、運動時の動きやすさを追求したウエア設計「ダイナモーションフィット」で、身体の快適な動きをサポートしてくれます。

 

首の後部分にはメッシュが設けられていて、空気の通り道を確保しています。

 

ファンの強さは最弱・弱・中・強の4段階。フル充電で最弱:約20時間、強:4時間持続してくれます。

 

暖かく湿った空気が脇から抜けて、気持ちイイ~♡ ちなみに生地はワークウエアで展開しているエアリージャケットよりもライトな素材を使用しているので、非常に軽快です!

 

 

真夏のスポーツ観戦からウォーキング、農作業、ガーデニングなど、夏の野外活動全般には欠かせませんよ、コレは! まだまだ残暑が続く事も予想できますので、今からでも取り入れるべきかと! それと、電気部分すべて取り外して本体ウエアだけの洗濯が可能なので、替え用のウエアを1枚予備で持っておくのもオススメですね。

 

 

エアリージャケット半袖(ファン・バッテリー別売り)
8532円

サンエス/エアリージャケット用ファン&バッテリーセット(ジャケット別売り)
1万4904円(店頭販売予想価格)

 

ミズノ

https://www.mizunoshop.net/f/dsg-682514

 

【ギャラリー】

山での雨対策なら「ホグロフス」の最新高機能ポンチョがオススメ!

 

TAG
SHARE ON