ファッション
2015/10/6 7:40

登山用ウェアラブルガジェット、多機能なのにタフで超頼れる!

登山ルートの3Dナビ機能が秀逸でトレッキングの最高の相棒に!

1510073_01

エプソン
WristableGPS for Trek MZ-500
実売価格5万3780円

 

GPS、地磁気、加速度、温度、気圧の5つのセンサーを搭載しそれらで得た情報で快適なトレッキングをサポート。「3D標高ナビゲーション」により、目的地までのルートやどれくらい登るのかを視覚的に確認できます。トレイルランにもオススメ。

 

1510073_02

軽量設計のため、装着中もほとんど気になることはありません。ベルト穴のピッチが狭いため、フィット性も抜群です。

 

1510073_03

ルートにおける現在地と標高を視覚的に表示。残り距離だけでなく「どれくらい登るか」が一目瞭然で、登山の助けになります。

 

1510073_04

歩行距離や速度、消費カロリーなどウオッチで計測したデータは、専用アプリの NeoRunによりPC上で管理・分析できます。

 

1510073_05

アプリはスマホにも対応し、最適な画面で表示可能。ウオッチ内のデータをBluetooth経由でスマホに転送して管理できます。

 

本格的な登山だけでなく日々のランニングにも使える

AppleWatchの発売を機に、スマートウオッチの人気が沸騰中。これらの多くはスマホの機能の一部を兼ねる汎用性の高いガジェットですが、一方で、使用目的が限られたニッチな需要のデジタルウオッチも注目されています。

 

エプソンのWristable GPSシリーズは、高精度のGPSを搭載する本格スポーツウオッチ。最新モデルのMZ-500では従来の機能をさらに進化させ、登山用に仕上げました。10気圧防水に加えて、防曇処理が施された風防ガラスを採用するなど、タフな環境でも問題なく使用できます。

 

本機最大の特徴は、GPS、地磁気、加速度、温度、気圧の5つのセンサーが融合した「センサー・フュージョン・テクノロジー」。センサーにより現在地の緯度経度、標高、方位、日の出日の入時刻などを正確に割り出すことができます。

 

登山中に有効なのが「3D標高ナビゲーション」で、PCから本機へ事前にルート情報を登録しておけば、目的地までの距離 (平面) と「どれくらい登るか」 (高低) をリアルタイムで視覚的に確認できます。これにより、道に迷わないのはもちろん、適切なタイミングでの休憩などを可能にし、より快適なトレッキングを楽しめるのです。

 

本機に蓄積されたアクティビティのデータは、専用アプリをインストールしたPCやスマホに転送して管理可能。日々のランニングにも使えるので、スポーツ・アウトドア好きならハマってしまうこと間違いナシ。

TAG
    SHARE ON