ゲーム&ホビー
2016/8/24 10:00

全国9000駅以上と連携! 交通系ICカードと3DSが連動した新たなゲームをカプコンが開発中

カプコンは、史上初となる家庭用ゲーム機と交通系ICカードを連動させた、新たな遊びを提供するゲームソフトの製作を発表しました。本ゲームは、ニンテンドー3DSシリーズ対応で、交通系ICカードを使った乗車履歴などの情報が、アイテム入手やゲーム内キャラクターとのコミュニケーションなどのゲーム内に反映されるシステムを搭載しています。
このシステムは株式会社ジェイアール東日本企画の協力により実現。対象となるのは、全国で利用可能な交通系ICカード計10種(Suica/PASMO/Kitaca/TOICA/manaca・マナカ/ICOCA/PiTaPa/SUGOCA/nimoca/はやかけん)で、これらすべてのカードを利用することができます。また、実在する全国9000駅以上の駅がゲーム内に登場。これらの機能を活用し、地方の鉄道や関連施設などとの連携で、各地域の盛り上げに積極的に取り組んでいくとのこと。

 

使用イメージ

上は唯一公開されたビジュアルです。上画面では女の子のキャラクターがプレイヤーに話しかけていて、下画面ではICカードを置いてくださいというメッセージが表示されています。これを見ると、後者はNewニンテンドー3DSに搭載されているNFC機能と連動した内容になりそう。

 

公開情報はこれだけなのですが、発表リリース後半には長い注釈がつけられており、それらを見るともう少しこのゲームの断片が見えてきます。「本サービスで使用する端末からは、個人を特定できる情報は取得致しません」「本サービスで使用する端末では、ICカードへのデータ書き込みは一切行いません」とあるので、「入退場情報」と「読み取って行う」ゲームであること

 

「本サービスで使用する端末にタッチしてもICカードの残高は一切引き落とされません」「ICカードの更新またはICカード発行事業者の都合により、予告なくICカードが交換されることがあります。この場合、本商品・サービスを継続して利用することはできません」とあるので、「決済や課金はICカード経由では行わず」「カード情報に紐づいてデータが構成される」ゲームであること推測されます。

 

 

といった形で難しく考えずとも、鉄道各社が定期的に行う「スタンプラリーキャンペーン」、これをカプコンのコンテンツ力でエンタメ性を高めつつ、駅内の各種施設と連携するものと考えることができそうです。

 

ともあれ、交通ICカード10種類とコラボするのでスケールは全国。どのようなゲームになるかいまから楽しみです。正式発表やリリース予定日はいまのこところ未定です。

 

JR東日本 Suica利用承認第107号(株式会社ジェイアール東日本企画 許諾)/株式会社パスモ商標利用許諾済第23号/JR北海道 Kitaca利用承認 第5号/JR東海TOICA利用承認第2号/manaca利用許諾済/ICOCA利用許諾済/株式会社スルッとKANSAI商標使用許諾済/JR九州SUGOCA利用承認第24号/株式会社ニモカ nimoca利用承認第1号/はやかけん利用許諾済
※この許諾や記載の商標は、ICカード発行事業者が本商品、サービスの内容・品質を保証するものではありません。※本サービスで使用する端末からは、個人を特定できる情報は取得致しません。※本サービスで使用する端末では、ICカードへのデータ書き込みは一切行いません。※本サービスで使用する端末にタッチしてもICカードの残高は一切引き落とされません。※ICカードの更新またはICカード発行事業者の都合により、予告なくICカードが交換されることがあります。この場合、本商品・サービスを継続して利用することはできません。その際の継続方法についてはサービス提供者にお問い合わせ下さい。
「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。「PASMO」は株式会社パスモの登録商標です。「Kitaca」は北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。「TOICA」は東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。「manaca」・「マナカ」は、株式会社エムアイシー及び株式会社名古屋交通開発機構の登録商標です。「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。「PiTaPa」は株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。「SUGOCA」は九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。「nimoca」は西日本鉄道株式会社の登録商標です。「はやかけん」は福岡市交通局の登録商標です。
TAG
SHARE ON