ヘルスケア
2021/11/18 18:30

遺伝子検査でここまでわかる! 健康サポート「メンテライフ」を体験してみた

健康維持のために運動や食事制限などを取り入れている人は多いと思いますが、自分の体質や特徴を知っていれば、どのような運動が自分に向いているのか、どういった食事をすればいいのかなどが、よりイメージしやすくなります。

 

そのために近年活用されているのが、遺伝子検査によるサポートサービスです。従来は高度な医療プログラムや新薬の研究開発などで限られた分野で行われていましたが、最近では誰でも簡単に自分の遺伝子情報を検査することができるようになり、日々の健康管理やトレーニングなどに活用することが可能です。

 

今回は、注目の遺伝子検査サービスを手軽に体験できるとしてMakuakeでプロジェクト展開中の健康サポートプログラム「MainteLife」(メンテライフ)を試させて頂くことができたので、その体験レポートをお届けします。

 

遺伝子検査だけじゃない手厚いサポート体制がウリ

メンテライフは、激しい運動を行うアスリートや効果的なダイエットを目指す人を対象にした新サービス。日本で唯一の高性能遺伝子検査「IDENSIL」を利用して個々の体質などを分析し、「太りやすさ」や「筋肉のつきやすさ」などを考慮して、ユーザーごとに適切なアドバイスを行います。

 

メニューは、スポーツに取り組む人へのアドバイスを中心にした「アスリート」コースと、ダイエットや健康的な生活をサポートする「ヘルスケア」コースの2つが用意されており、自分のライフスタイルにあったコースを選んで申し込むことができます。

 

最大の特徴は、遺伝子検査で得られた情報をもとに、気をつけるべきケガや病気、食生活のアドバイス、体質にあったトレーニング方法などをLINEで定期的にアドバイスしてくれること。遺伝子検査の結果が届いて終わりではなく、その後もしっかりサポートしてくれます。また、聞きたいことや疑問に思ったことがあれば、LINEで質問することも可能。質問には看護師や栄養士、トレーナーなどのプロが答えてくれるので安心です。

さらに、元プロサッカー選手の中西哲生さんが考案した「N14メソッド」の観点から、日々の栄養補給やメンタルケアなど、個人に合ったアドバイスを配信する予定です。

 

遺伝子採取は綿棒で頬をこするだけで簡単

メンテライフに申し込むと、遺伝子情報を採取するための検査キットが送られてきます。検査キットには長い綿棒と返送時に綿棒を入れるための容器、採取の手順が書かれた説明書が入っています。

↑検査キットに入っている綿棒と保存容器

 

採取をする30分前くらいから飲食を避け、直前に口内を2~3回ほど水でゆすぎます。準備ができたら、キットの綿棒で頬の内側をこすり、先端に触れないように綿棒を折って短くしてから容器に収納します。

 

容器ごと返送用の封筒に入れ、ポストに入れればOK。すぐに返送できないときは、容器ごと冷凍庫に入れておくとよいそうです。

 

「こんなことまでわかるんだ」と驚きの検査結果

返送してから1ヶ月半程度で、登録しているLINEに検査結果が届きました。今回は「アスリート」コースで申し込んでみたので、運動に関するアドバイスが中心となりました。

 

筆者の場合、遺伝子的には「持久力タイプ」となり、瞬発的なパワーが要求される競技より、長時間一定のパワーを出し続ける長距離走などの競技に向いているとのこと。筋繊維の柔軟性に難があり、足つりや肉離れなどのトラブルが起きやすいため、運動前にはストレッチや柔軟などのウォーミングアップを必ず行うように、とのアドバイスも。

↑遺伝子検査の結果、筆者は「持久力タイプ」とのこと

 

筆者はむかしから短距離走よりも長距離走の方が得意だったので、「さすが、わかってるね」と納得していたのですが、遺伝子分析結果のシートを見ていると、「え、こんなことまでわかっちゃうの?」と驚くようなことまで分析されています。

 

例えば、筆者の身体上の最も大きな懸念は「関節変形リスクが高く、膝や腰などの関節のトラブルに注意」だそうで、「そういえば、この前久しぶりにジョギングしたら、膝に痛みが出そうで、走るのをやめてウォーキングにしたんだった」とハッと思い出しました。そのときは、「久しぶりの運動だから身体がなまっていたのかな」としか思わなかったのですが、こうもハッキリ指摘されると、「これからは膝に気をつけよう」という気になります。

↑関節が弱くケガしやすいとの分析結果に

 

また、メンタル面では「セロトニンの機能低下でプレッシャーやストレスを受けやすい遺伝子タイプ。ただし、ドーパミンの影響でモチベーション維持や向上が得意なので、目標設定がカギになります」という分析も。遺伝子でメンタルの傾向までわかるのは驚きです。

 

オンラインで解説を受けることも可能

分析結果を確認したのち、オンラインでさらに詳しく解説してもらうことができます。LINEから希望の日時を送って、Zoomを使ってマンツーマンで教えてもらうことができました。

 

オンラインでは、遺伝子分析結果を踏まえて、わかりにくいところを質問したり、より実践的なアドバイスを受けたりすることができます。筆者の場合、ダイエットにも興味があるので、どういう食品を積極的に食べるべきか、外食するときのメニューの選び方や自炊するときの調理方法まで細かく教えてもらいました。

↑オンラインでの様子。検査結果を見ながらわかりやすく解説してもらえます

 

今回申し込んだのが「アスリート」コースだったので、検査結果のシートには詳細な記載がなかったのですが、解説してくれた齋藤義則さんによれば、わたしの遺伝子は「太りやすい」傾向があるとのこと。エネルギーを溜め込みやすい体質なので、特に食生活に気をつけることが重要だそうです。

 

また、申し込んだコースによって、検査結果到着後1~3か月のあいだ、LINEで定期的にアドバイスをもらったり、気になることをプロに質問をしたりできる「ヘルスケアサポート」を受けることも可能。こちらは体験終了後も月額990円で継続することができます。

 

今回体験したメンテライフは、遺伝子検査の結果をもらって終わりではなく、その後のサポートまで充実しているところがとてもいいな、と感じました。自分の体質や傾向を知ることで、より効率的にトレーニングやダイエットを行うことができるので、健康的な生活を目指す方はぜひこの機会に試してみてほしいと思います。ちなみにMakuakeでのお得なプランに申し込めるのは11月28日まで。興味がある方はお早めに申し込んでみてください!

 

メンテライフのプロジェクトページ:https://www.makuake.com/project/mainte-life/

TAG
SHARE ON