家電
衣類ケア
2017/3/18 19:00

話題沸騰185万円の全自動衣類折りたたみ機は何ができる? 表参道「ランドロイド・カフェ」で近未来の生活を実体験!

昨年、一昨年とCEATECで話題騒然だったセブンドリーマーズの全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」。その購入予約がいよいよ5月30日より開始されることが発表されました。それに伴い、イチ早くランドロイドを体験できる「ランドロイドカフェ」が3月18日に表参道にオープン。ここではその詳細をリポートしていきます。

r04
↑ランドロイドカフェ外観

 

そもそもランドロイドって何?

カフェについて語る前に、まずはランドロイドについておさらいしておきましょう。

 

セブンドリーマーズ・ラボラトリーズ代表取締役社長 阪根信一氏の言葉を借りれば、

「ランドロイドは、画像解析、AI、ロボティクスの技術を融合し、すべての工程を全自動で行うことができる全自動衣類折りたたみ機。最初に仕分けモードを使うと、衣類の種類や種別を覚え、6つに仕切られた棚に、折りたたんだ衣類を仕分けてくれます。タオルやシャツなどの種別で仕分けることもできますし、家族ごとに仕分けることも可能です」

というように、聞いているだけでわくわくしてくる近未来的な家電。折りたたむだけでも驚きなのに、仕分けまで行ってくれるとは至れり尽くせりです。その様子を下の写真でご確認ください。

↑こちらの黒い箱型のようなものがランドロイド

 

まずは、冷蔵庫の冷凍スペースのような場所に洗濯済みの衣類を入れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑服の裏返しを正す機能は搭載されていないので、衣類を投入する時点で裏返しでないかどうかの確認は必要。下準備的なことなので、手間というほどではありません

 

しばらくすると洗濯物がたたまれ、種類や持ち主別に仕分けられて棚に並べられます。靴下のペアリングについては発売後のアップデートにより対応予定とのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑衣類が増えるたびに仕分けモードを使う必要はありますが、一度仕分けてしまえばデータはずっと管理され、仕分ける衣類の数にも上限はありません

現在は折りたたみと仕分けの2つの機能ですが、将来的には、洗濯・乾燥機能をもったオールインワンモデルも開発予定とのこと。さらに仕分けた衣類を、それぞれの家族の部屋に運ぶ構想まであるんだとか!

 

単なるショールームにあらず!  本格的な食事も楽しめる

ランドロイド・カフェに話を戻しましょう。第一印象としては、ショウルームのおまけとしてカフェがあるのではなく、本格的なカフェ&レストランにランドロイドの体験できるスペースがあるといった雰囲気です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑店内の様子。奥に見える黒い箱型のものがランドロイド

昼間(11時~16時30分)はカフェ、夜(18時~23時)は“焼かない”ことで話題になった完全会員制焼き肉店「29ON(ニクオン)表参道店」として運営されます。本格的な食事を堪能しつつランドロイドも試せる、なんとも不思議な空間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑29ONでは低温調理された新感覚の肉が味わえます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑カフェには、超特濃ごまアイス専門店「GOMAYA KUKI 」も併設。こちらの営業時間は11時~23時で、テイクアウトも可能です

 

↑スタッフに会計や水のおかわり、皿の片付けを頼む時に使う専用端末。こういう細かなところでも未来感を演出しています

 

カフェタイムでは、29ONの肉を使った29サンドや同じく完全会員制で人気の馬肉専門店「ローストホース」監修のかき氷も提供予定とのこと。

 

購入予約者のみが使える特別スペースも

店内にはランドロイド購入予約者のみが利用できる完全予約制の「ランドロイド・ルーム」も用意。食事中はランドロイドがもたらす生活を体験できる、プロジェクションマッピングを使った演出が楽しめます。

↑壁にランドロイドが埋め込まれており、さらにプロジェクションマッピングでリビングダイニングの雰囲気を醸し出すことで、ランドロイドが家にある環境を演出

 

そのほか、SNSでランドロイドを買いたい!欲しい!という思いを投稿するだけで参加できる「購入宣言キャンペーン」も実施中。購入宣言をすれば、抽選で50組にランドロイドカフェでの食事1回利用権がもらえます。

 

前述のとおり、ランドロイド・カフェは29ON表参道店でもあるので、予約が取れない名店のしかも約1万円相当の食事を無料でゲットするチャンス! ちなみに、購入宣言をしたからといって予約が成立するわけではないので、気軽に応募できます。

 

ランドロイドは仮価格として185万円以上とのことなので、簡単には手が出せません。購入はできずとも「話題のあの製品を見てみたい!」という興味があれば、このランドロイド・カフェを訪れてみてはいかがでしょうか。

TAG
SHARE ON