家電
2017/4/12 11:10

もう見たい番組を探すときにイライラしない! テレビ画面の「見にくい番組表」が劇的に改善されたBDレコーダー登場

テレビ画面に表示される番組表が見にくくて、困ったことはありませんか? いま、4Kの普及で映像の高画質化は加速度的に進んでいますが、電子番組表のUIは意外と代わり映えしないですよね。

 

ごちゃついて見づらく、だからといって拡大すると全チャンネルを一覧できないストレス……。このジレンマは長らく放置されてきました。しかし、電子番組表のタブー(?)にシャープがようやくメスを入れました!

 

シャープ「AQUOSブルーレイ BD-UT3100」実売価格12万9470円

このBDレコーダーは、UIそのもののデザインを改善しただけでなく、4K/60p出力で表示するのがポイント。細かい文字でも見やすく、一画面の情報量が格段にアップしました。録画リストやホームメニューも同様です。

20170412_00

 

【SPEC】●チューナー:地デジ×3、BS/110度CS×3、●内蔵メモリ:3TB、●接続端子:HDMI×1、USB×2、LAN×1ほか、●年間消費電力量:約36.0kWh、●サイズ/質量:W430.0×H57.5×D229.0mm/約3.3kg

 

20170406-de01(15)
↑おざなりにされがちだった電子番組表の表示が劇的に改善!

 

地デジも番組表も4K/60pでウルトラきれい!

同社初のUltra HD Blu-ray対応モデル。新開発の「4Kマスターエンジン BD-PRO」を搭載し、地デジ放送も4K/60pの高精細かつ滑らかな映像にアップコンバート。新作の連続ドラマを4週間ぶん予約なしで録れる「ドラ丸」など、録画機能も秀逸です。

 

 

 

↑映像を司る新開発エンジン。4Kアップコンのほか、BDソフト読み込み速度の向上などにも寄与する
↑映像を司る新開発エンジン。4Kアップコンのほか、BDソフト読み込み速度の向上などにも寄与しています

 

また「AQUOSブルーレイ BD-UT3100」は、操作時に4K⇔フルHDの切り替え処理がなくなったことで、スムーズな操作性を獲得したところもポイントです。

 

↑放送中の番組は、出演者の顔写真を表示。直感的に見たい番組を選べる
↑放送中の番組は、出演者の顔写真を表示。直感的に見たい番組を選べます

 

↑従来のBDよりディスクの回転が速いUHD BD対応の新設計ドライブを採用。騒音レベルを低減している。元々定評のあるBDソフトの読み込み速度も健在
↑従来のBDよりディスクの回転が速いUHD BD対応の新設計ドライブを採用。騒音レベルを低減しています。元々定評のあるBDソフトの読み込み速度も健在

 

いまのところ、電子番組表も4Kになって見やすくなっただけでなく、チャンネル操作もしやすくなったBDレコーダーはほかにありません。買い替えを検討中なら、シャープ初のUltra HD Blu-ray対応モデルはいかがでしょうか?

(文/川内一史)

TAG
SHARE ON