家電
2018/11/28 18:00

実は、仕事にも驚くほど役立った! 「光と音を演出する」シーリングライト、クリエーターの事務所に設置したら?

パナソニックのスピーカー搭載LEDシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUNDは、スマホで光と音を自在にコントロールできる人気のアイテム。通常はプライベートで使われることが多いですが、これを仕事の現場で使ってもらったらどうなるか……? そんな疑問を解決すべく、今回は、クリエーターの事務所に本機を設置。共同作業を行う仲間とともに、光の表情の変化、天井から降り注ぐ音を実際に体験してもらいました!

 

【今回使ってもらうのはコチラ】

センター光と2枚のパネル光を切り替えられる、スピーカー搭載のLEDシーリングライト

パナソニック

AIR PANEL LED THE SOUND

優れた省エネ性と独自のフラットデザインが好評で、国内累計販売20万台を突破した「AIR PANEL LED」をベースとし、Bluetoothスピーカーを搭載した2018年発売モデル。センター光と両側2枚のパネル光を切り替えて、シーンに合わせて照らし分けできる画期的なシステムを搭載しています。対応アプリ「あかリモ」を使えば、スマホから調光/調色の細かい調整やタイマー設定も可能です。

「AIR PANEL LED THE SOUND」の詳細はコチラ

 

話題の建築家集団を率いる一級建築士の事務所で使ってみたら?

今回、ご協力頂いたクリエーターは、一級建築士の加藤渓一さん。加藤さんが共同主宰する若手建築家集団「HandiHouse project」は、設計から工事まで、施主を巻き込みつつ、すべてDIYで家作りを行うのが画期的。新たな住まいの形を示した気鋭のユニットとして注目を集めています。

「家具を作ったり、キッチンを作ったり、床を張ったり、ペンキを塗ったり……。自分たちが作業をしていると、お客さんも手を出しやすくなるので、そうやって一緒に家を作っていくというのが僕らのコンセプト。今の住宅って誰が作ったかわからない…顔が見えないじゃないですか。そうじゃなくて、『この人たちと一緒に作った家なんだよな』となると、やっぱり愛着も湧いてくるんですよ」(加藤さん)

 

そう語る加藤さんの自宅兼事務所も、5年前に購入し、住みながら手を加え続けているとのこと。温もりのあるシンプルな内装で、開放感あふれる空間となっています。自分ですべてを作られる加藤さんにとって、やはり採光や照明といった“光”は重要なポイントなのでしょうか。

「もちろんです。建築と照明は合わせて考えるべきもので、どういう光環境を作るかは、常に考えているところです。その点、AIR PANEL LED THE SOUNDは、点灯、消灯、調光、調色を思い通りにできるので、すごく便利だなと感じました。住んでいると、明るくしたいときや暗くしたいときなど、いろいろなシーンが出てきますからね」(加藤さん)

「AIR PANEL LED THE SOUND」の詳細はコチラ

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON