家電
掃除機
2019/1/9 21:15

悩める「集合住宅の民」へ! パナ掃除機「LDK 3部作」一挙公開

常にキレイな面で床が拭けるロボット掃除機


続いて、床拭きロボット掃除機 ローラン MC-RM10を見ていきましょう。こちらも幅240×奥行243×高さ80 mm、重さ約2.5kgとコンパクト。その特徴は、回転するローラーです。約5分半おきに約30度回転し、常にキレイな掃除面で床を拭くというもの。雑巾がけをイメージするとわかりますが、雑巾が汚れたら途中でキレイな面に替えて拭き掃除をします。同様に、ローランは拭く面を変えることで、よりキレイに掃除できるというわけですね。

↑黄色い部分が専用モップが巻き付いた状態のローラー。こちらが約5分半おきに約30度回転するため、常にキレイな面で掃除できます

 

さらに、人が雑巾がけをする時のようにコの字型に走行を行い、折り返して走行する際には重ね拭きをしながらしっかりと拭き掃除するのも特徴です。部屋全体だけでなく、決まった範囲(約1.6 m×約2.0 m)を集中して走行する「スポットモード」も搭載。最大稼動面積はウェット20畳、ドライ20畳です。連続使用可能時間は約60分です。

 

【動画】

コの字型に走行し、往復する際に前に拭いた部分と一部重ねて拭くので、拭き残しを軽減。スポイトで床にたらしたコーヒーを拭き取っています。

 

↑落下を防止する「段差検知センサー」、ラグなどへ乗り上げないようにする「障害物検知センサー」、壁際を検知して走行する「測距センサー」を搭載しています

 

ローラーには専用モップのほか市販のシートも使える

なお、ローラーには、水拭き、から拭きどちらにも使える専用モップが使えるほか、市販のシート(ウェットシートまたはドライシート)を巻きつけて使用することも可能。市販のシートの巻き付けは専用のボタンで自動でできるのもうれしいポイントです。

 

なお、専用モップは水洗いが可ですが、市販のシートを使えば掃除のあと、捨てればだけなので片付けがラク。また、市販のシートでも、ローラーが回転してキレイな面で拭き掃除できるのもムダがなくていいですね。

↑下に設置した鏡で見てみると、ローラーの前から水を出しながら走行しているのがわかります(市販のシート使用時は水は出ません)

 

【動画】

  1. 1
  2. 2
  3. 3
TAG
SHARE ON