家電
調理家電
2019/2/4 20:15

象印ってこんなオシャレだっけ…? イメージを裏切る「新ブランド4家電」を期間限定ショップで体験!

象印マホービンが2月1日から発売している同社の新ブランド「STAN.」(スタン)シリーズは、共働き・子育て世帯をターゲットにした調理家電ブランドです。今回、ブランドを構成する4製品の発売に際し、東京・表参道で期間限定のコンセプトショップ「STAN. TABLE」をオープンするとのこと。早速訪れてみると、シンプルで気持ちのよい空間のなか、これはほしい! と思える家電に出会うことができました。以下でレポートしていきましょう。

 

共働き・子育て世帯がターゲットの新ブランドのコンセプトショップが期間限定でオープン

↑象のマークが目印です

 

STAN. TABLEがオープンしたのは、表参道駅のすぐそば。青山の複合文化施設「スパイラル」の向かい側です。2月1日から2月11日の期間限定オープンで、営業時間は11時から19時(最終日のみ17時まで)。ここでは、STAN.シリーズの炊飯ジャー、電動ポット、コーヒーメーカー、ホットプレートを展示するほか、コーヒーメーカーでいれたコーヒーの試飲、ホットプレートを使った料理の試食ができます。また、土日祝日には「ハワイアンパンケーキ」をホットプレートで作る調理体験イベントも実施します(受付は現地のみ)。

 

店内は1階と2階があり、どちらも白い壁に木目のインテリアが映える、ナチュラルで落ち着いた雰囲気。1階のテーブル席ではゆっくりとドリンクを試飲できて、2階では試食と調理体験ができるようになっています。

↑1階のテーブル席でドリンクを楽しめます

 

↑2階ではホットプレートの調理体験ができるコーナーも

 

暮らしの道具としてなじむデザイン、幅広い世帯に好まれる色を意識

STAN.シリーズは黒を基調としたデザインのキッチン家電シリーズです。デザインおよびクリエイティブディレクションを手がけるのはクリエイティブユニット「TENT」。南部鉄器や鋳物の調理道具のように、“暮らしの道具”としてなじむデザインを意識したといいます。

 

そのカラーリングや質感について、象印マホービン広報部・山田周平さんは「黒は、性別・年齢に関係なく幅広いお客様に好まれる色ということで、採用しました。長い期間お使いいただいているうちに、本体に傷などがつくことがあると思いますが、マットな質感にもこだわり、傷が目立たないよう配慮しています」と語ってくれました。たしかに、いままでの象印製品といえば、プラスチックや金属の質感が目立つ「ザ・家電」というデザインでしたが、今回はひと味違いますね。デザインといい、質感といい色といい、かなり洗練させてきた印象です。

↑黒い調理家電だと、空間が引き締まります

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON