家電
エアコン
2019/3/14 17:15

USB駆動で外にも持ち出せる! “打ち水”の原理を利用したポータブルエアコン「evaCHILL」

+Style(プラススタイル)は、見たことのない”ミライ”の商品が集まるIoTショールーム「+Style」において、USB給電で動作するパーソナルエアクーラー「evaCHILL」(エバーチル)を発売しました。価格は1万4904円。

 

エバーチルは、ウォータータンク内の水を気化させて空気を冷却・加湿して、周囲よりも低い温度の風を送り出すパーソナルクーラー。内部にフィルター「EvaBreeze」を搭載しており、空気の冷却と同時に空気清浄も行ないます。

 

空気の冷却には「打ち水」と同じ原理を利用。取り込んだ外気が、水分を含んだEvaBreezeのすき間を通過する際に、気化熱が奪われて温度が低下し、周囲よりも低い温度の風を送り込みます。

 

また、フィルター「EvaBreeze」には玄武岩由来の素材を使用し、カビが発生しにくくなっています。フィルターは生分解性100%の素材のため、環境負荷が低いことも特徴。通常使用で3~6か月での交換が推奨されています。

 

電源はインタフェースにUSB Type-Cを採用し、5V/2Aという一般的なデジタル機器と同様の給電能力で済むため、モバイルバッテリーやパソコンと接続するだけで動作可能。オフィスやリビングといった共有スペースにおける個人スペースの冷却のほか、アウトドア環境における冷却まで、さまざまなシーンで使用できます。

 

持ち運んで使えるパーソナルクーラーは、エアコンが設置できない部屋での使用や屋外での活動、アウトドアなどで活躍してくれそうですね。また、一般的なエアコンだと寝冷えしてしまう、という方の就寝時の使用にも最適です。

 

TAG
SHARE ON