家電
2019/4/5 20:00

なんて贅沢な風味なんだ…マヨネーズ専用クッキングトイ「究極のMYO」でいつもの料理が激変!

3つの料理に3種のマヨネーズをトッピングして試食

ふわとろのマヨネーズのベースが完成したところで、アレンジマヨの調理していきましょう。調理といっても、こちらは、別途用意した食材を混ぜ合わせるだけででき上がります。

↑たらこマヨは皮をはがしたたらことブレンドすればOK。タルタルソースは、刻んだいぶりがっこと砕いたゆで卵を混ぜるだけ

 

そしてこれらに合わせる料理も用意しました! プレーンマヨには豚肉のしょうが焼き、たらこマヨにはたこ焼き、タルタルソースには海老フライをペアリングしていきます。

↑定番といえる組み合わせを用意しましたが、何を合わせても合いそう!

 

↑それぞれにかけるとこんな感じ。ビジュアルだけでもシズル感が増します

 

では、いただきます! まずはプレーンをしょうが焼きにトッピング。やはりふわとろ感は絶品! そして、うお!  すごい香り! そういえばトリュフオイル使ってるんだった…とハっとするほどの贅沢な風味。ふんわりお肉に絡んで、よりマイルドでコク深い味わいに……。加えて下に敷いた千切りキャベツも、しょうが焼きのタレとマヨネーズがしみてバツグンにおいしくなりました。これだけでもごはん3杯は行けそう!

↑しょうが焼きにもバッチリ! キャベツまで最高においしくなりました

 

たこ焼きにたらこマヨを合わせみると、いつものマヨネーズと違ってフレッシュな風味があるから、さっぱりして食べやすい! たらこの食感と塩味のアクセントも効いています。続いて、いぶりがっこのタルタルを合わせたエビフライを頂いてみると、まろやかさが加わったうえ、いぶりがっこの歯ざわりで食べ応えもバツグン。ちなみに、このタルタルは単体でもびっくりするくらいおいしいので、おつまみにもぴったりです。

↑土台以外は丸洗いできます。油を使うパーツはしっかり洗浄しましょう

 

総じて、本機で作ったマヨネーズは「究極」の名に違わない仕上がりでした。ふわとろなテクスチャーは、市販のマヨネーズにはない口当たり。また、今回使ったオイルやいぶりがっこのように、素材がしっかり主張してくれるのも大きな魅力です。マヨラーなら“マヨ”わず買うべきマシンといえるでしょう。公式サイトにはバゲット×コーンマヨや明太マヨ×うどんなども紹介されているので、興味のある方はいろいろチャレンジしてみては?

 

タカラトミーアーツ

究極のMYO(マヨネーズ)

究極のMYO ( マヨネーズ )

究極のMYO ( マヨネーズ )

1,130円(05/28 07:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

●希望小売価格:4500円(税抜)●本体サイズ: :H138mm×W207mm×D160mm●パッケージサイズ:W165×H260×D143mm●重さ: 520g●電池:単2アルカリ乾電池3本使用●内容:本体、取扱説明書1部●対象年齢:15歳以上

  1. 1
  2. 2
  3. 3